« 異業種交流会 有意義な時間でした | トップページ | がん対策推進条例制定PT 先輩議員らの活動に刺激を受けています »

2012年9月10日 (月)

いよいよ党首選挙

週が明けて自民、民主それぞれの党首選が本格化して来ました。
民主党では代表選挙が告示され、4人が立候補したとの事です。こちらは顔触れから見ても野田氏再選が有力でしょうか。

一方自民党ですが、谷垣総裁が一転不出馬との事。この事実には正直驚きをもちました。
石原伸晃幹事長との執行部対立を避け総裁が降りた形です。というよりも谷垣総裁が出馬できる環境が整わなかったという事だと思います。
野党としてのこの3年間を耐え、いよいよという時にはその苦労が報われない、そのような感を持った”谷垣氏不出馬”の会見でした。

とは言っても自民党に属する議員として思う事は、国民をしらけさせるような代表選であってはならないと言う事。
これまでの経験を支持していただける半面、長く政権を維持している中で国民の思いや社会の変化に自民党が対応してこなかった事で政権を失いました。
同じ事を繰り返す事のない党運営を求めたいと思います。

|

« 異業種交流会 有意義な時間でした | トップページ | がん対策推進条例制定PT 先輩議員らの活動に刺激を受けています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ党首選挙:

« 異業種交流会 有意義な時間でした | トップページ | がん対策推進条例制定PT 先輩議員らの活動に刺激を受けています »