« 成田市役所での「さつき展」にて | トップページ | 成田市表彰式にて »

2012年11月14日 (水)

いよいよ決戦へ

20121114_102415 今日は午前中に「緑のカーテンコンテスト」の表彰式に保育園の代表者として出席しました。
私が法人の代表を務める2つの保育園で取り組んだゴーヤのカーテンが優秀賞として表彰されたものです。
保育園では環境を意識してこのような取り組みを始めて6年目となりました。今回の表彰を受けて更に園児たちと共に意識を高めて行きたいと思います。

さて、今日の党首討論。私は、野田総理自ら今日の場で解散時期を明確にするとは予想をしていませんでした。安倍総裁自身も解散に向けた言葉を引き出そうとの思いは強くありましたが、これまでの野田総理の国会での答弁からしても具体的な期日を言葉にするのは意外だったのではないでしょうか。
定数削減、それが出来るまでは議員歳費削減を迫り、自民党として受けた形です。
これは自民、民主どちらとしても逃れる事は出来ないテーマですが、解散の条件となりました。

急な展開に慌ただしくなりますが、自民党として政権を奪還できる戦いをしなければなりません。
特に第3極の結集と言われる動きがどのように広がってくるのか警戒しなければなりませんが、責任政党として決戦を勝利したいと思います。

|

« 成田市役所での「さつき展」にて | トップページ | 成田市表彰式にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ決戦へ:

« 成田市役所での「さつき展」にて | トップページ | 成田市表彰式にて »