« 成田商工会議所 賀詞交歓会 | トップページ | 騒音下住民と意見交換 その後は「あぽやん」 »

2013年1月17日 (木)

圏央道 要望活動について

寒い日が続いています。インフルエンザへの警戒も必要になってきていますのでご注意ください。

さて、去る15日(火)、森田知事と県議会の圏央道推進議員連盟、経済界で組織する圏央道建設促進県民会議が国土交通大臣に対して要望活動を行いました。
今回私は所用により参加できませんでしたが、一般質問でも常に取り上げているのがこの圏央道です。
尚、千葉県当局より公表された要望内容の概要は以下の通りです。

  • 大栄から横芝間について、他の区間に遅れることのないよう来年度から本格的な事業の展開を図ること。
  • 県境から大栄間について、用地取得後すみやかに供用が図られるよう工事を推進し、早期完成を図ること。
  • 圏央道をはじめ、必要な道路整備予算の総額を十分に確保すること。
  • 首都圏の高速道路ネットワークの効率的活用を図るため、東京湾アクアラインの通行料金について、国策として恒久的な通行料金の引下げを行うこと。

稲敷IC-大栄JCT、大栄JCT-松尾横芝間は、私の地元地域にとって重要な道路ネットワークです。特に千葉県としても成田空港の戦略的発展を考える上でも最重要の道路ネットワークと言えるものです。
稲敷IC-大栄JCTが本来であれば今年の3月に開通予定でしたが、用地取得が遅れ開通時期が遅れる事となりました。

しかし、政権も変わり必要な公共事業を積極的に行う姿勢が示されていますので、国としても成田空港へのアクセス機能強化を図る上で積極的な予算確保と工事の進捗に期待したいところです。

|

« 成田商工会議所 賀詞交歓会 | トップページ | 騒音下住民と意見交換 その後は「あぽやん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圏央道 要望活動について:

« 成田商工会議所 賀詞交歓会 | トップページ | 騒音下住民と意見交換 その後は「あぽやん」 »