« 花粉症に悩まされています | トップページ | WBC台湾戦に熱くなりました »

2013年3月 7日 (木)

成田空港 B滑走路3本目の誘導路供用開始

株価が上昇を続けています。また円安も進み、アメリカでもニューヨーク市場は景気回復への期待感もあり最高値をつけるなど株価が上がっています。この影響は各国市場へも波及し金融面で見る限りは明るさを感じるところです。

日本においても心理面で改善しているものの実体経済はまだ本格的成長軌道に入ったとは言えない状況もあり、今後引き続き景気対策や成長戦略が重要であると言えます。

さて、成田空港のB滑走路西側に3本目の誘導路が完成し供用されたというニュースがありました。これによって処理能力が向上し、航空機の地上走行も減らせるとの事です。
この3本目の誘導路計画が示された当時、成田市議会に議席を頂いていましたが「まだまだ先」との思いを持っていた事を思うと、現実に供用開始の日を迎えて「その日が来た」と実感します。

公共事業の整備には時間がかかります。しかし着実な歩みを続けて行かない限り完成を見る事は出来ません。
3本目の誘導路は成田空港の未買収地が存在するための苦肉の策であり、成田空港が抱える根本的な問題の象徴でもあります。
47年前の設計である成田空港の施設そのものの配置や車の流れなど、そろそろ抜本的な見直しにも着手して、着実に計画を進めることが必要な時期に入ってきていると感じているところです。

|

« 花粉症に悩まされています | トップページ | WBC台湾戦に熱くなりました »

コメント

ジェットスタージャパンが新たに松山に就航するそうです。
まだ成田か関西か中部かはわかりませんが、週末にも発表がありそうです。
報道によっては成田−松山としてるものもあります。
また、春秋日本が公津の杜に本社移転したようで、成田にとってのLCCの重要性が高まります。


一方で、日経の記事には成田空港批判とみられるものもありました。
LCCの苦戦の理由の一つは成田空港の門限であり、黒字が確保出来る運用が門限によって妨げられているというものです。
ピーチは制限のある成田は相手にしておらず好調、他の2社も成田の比重を減らすことで効率化をとのことでした。

日経は成田空港批判の記事も多いですが、弾力化はもちろん門限緩和の必要性も理解できる記事だと思います。

投稿: 成田−松山?地元民 | 2013年3月13日 (水) 14時53分

昨日は強風の影響か深夜発着がありましたね。

投稿: 地元民 | 2013年3月14日 (木) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港 B滑走路3本目の誘導路供用開始:

« 花粉症に悩まされています | トップページ | WBC台湾戦に熱くなりました »