« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

宅建協会印旛支部懇親会に出席、それから羽田国際線9万回について

今日は午前中に千葉市内で打ち合わせ、その後成田市内に戻り知人の御宅を訪問、午後3時からは宅地建物取引業協会印旛支部の懇親会に出席しました。

アベノミクスにより経済指標が上昇、徐々に本格的な景気回復に期待感が増している中で、不動産業界にもその波は感じられるようです。
ただ、その波はまだ地方部へ届いている実感がなく、今後の具体的な成長戦略による政策的な誘導を期待する声が多く聞かれました。

千葉県においては、先日開通した圏央道の経済効果を期待する声も寄せられていることから、実際に各地域へアベノミクス効果が拡がるように努力しなければならないと考えています。
そして待ったなしの財政再建にも着手しなければならないとの思いです。

さて、成田空港の旅客数がLCCによって支えられ堅調であるとの報道があります。
国際線についても中国路線が尖閣諸島問題を背景に下回っていますが、前年と比べて比較的堅調です。
空港の利用も経済が大きく影響しますので、今後の景気回復を願っています。

ただ、このブログ上でも何度となく指摘している羽田空港の2014年夏ダイヤからの国際線9万回枠が成田空港には大きく影響してくると予想しています。
既に、各航空会社では具体的な方針を打ち出しつつあるとの情報も。
成田空港の国際線が17万回程度であるので、この9万回という数字がどれほど大きいのかは容易に想像がつくと思います。
私としては、豊富かつバランスのいいネットワークを誇ってきた成田空港において、特に欧米路線の動向が気にかかるところで、引き続き注視していかなければならないと考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

今日はロータリー活動

今日は終日、幕張のホテルで開催されたロータリークラブの地区協議会という行事に時間を割かせていただきました。
本来であれば議員として出席しなければならない活動もありましたが、かねてより国際奉仕委員長として今日のロータリー行事への参加を要請されていたためです。

まだまだローターリーの活動への理解は十分でありませんが、与えられた役割については責任を果たさなければならないとの思いです。

いよいよ明日で4月も終わり。GWも前半を終了ましたが、後半は家族との時間を確保するように努力するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

野球大会など 行事目白押しのGW

今日は天候も良くゴールデンウィークという事もあって各地の行楽地は賑わいも見せたようです。今年は、先行き景気の期待感から消費は上向き、しかし長い休みは取れないという事で、「高・近・短」というキーワードが特徴のようで、首都圏の中でも千葉県を訪れる期待感も広がっています。

20130428_084103そんな天気に恵まれた今日はまず、少年野球大会の開会式に出席しました。
我が家の長男の姿も参加チームの中にあり、その成長を少し感じたところです。

その後、会長を務める成田リトルシニアの試合観戦。こちらは残念ながら敗退となっていしましました。

そして、地元地区女性団体の総会、高齢者団体の総会、夜には後援会の打ち合わせと続きました。

GW真っ只中ですが、行事が目白押しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

圏央道開通式

20130427_10155320130427_113134いよいよ今日、首都圏中央連絡自動車道、通称圏央道の千葉県区間東金-木更津東間42.9kmが開通。開通を前に茂原北ICと茂原市民会館で行われた式典に参加しました。

圏央道は全体で約300km。現在供用されている距離は約その4割ですが、今日の42.9kmにより50%を超えることになります。
千葉県内の残りの区間、利根川県境-大栄は現在工事が進められ未買収地も土地収用法の手続きを進めており、遅れてはいるものの開通見通しが立ちつつあります。
また大栄-横芝間も今年度より本格的な用地買収が始まりますので、早期の工事着工を目指した動きが活発化すると予想しているところです。
千葉県の発展にとって大きな存在となる圏央道。今後も県内区間及び全線開通に向けた努力が各方面において展開されていく必要があると考えています。

午後からは成田市内に戻り建設関係団体の懇親会、知人の会社設立祝賀会、中学校の歓送迎会、そして会長を務める成田リトルシニアの新入生父母歓迎会と続きました。
ゴールデンウィークですが忙しく活動させていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

酒々井プレミアム・アウトレット 初のGWで周辺道路は

今日は成田市内での活動となり、午前中に成田市役所にて保育園関係の打ち合わせ、そして午後からは法人の理事会と続きました。

さていよいよゴールデンウィークに突入します。
例年GW期間中は1年の中でもゆっくりと過ごさせていただくことが出来ますが、なぜか今年は予定がないのは2日だけ。後は行事等が分散して入ってきていて、過去とは異なります。
そのため多くの方が旅行に出かけるというニュースを横目に、我が家では空いている日程を有効に利用して家族サービスを実施したいと思います。

このGW中、気にかかるのが先日オープンした酒々井プレミアム・アウトレット周辺道路の混雑。
アウトレット自体への評価はいましばらく待たなければなりませんが、オープン後初のGWという事で混雑が予想されます。
しかし、周辺の道路は改良などを施したものの、酒々井インターが出来た以外は基本的に既存道路ネットワークに頼っているため、地元酒々井町はもちろんですが佐倉市等を含めて広範囲に影響が出ることも予想されます。
あまり混雑を強調すると来場を控えることにもなりますので慎重にしなければなりませんが、気になるところです。ちなみに私はまだ行ったことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

成長戦略の潮流を掴まなければ

昨日は日中に議会の厚生活動に参加。雨のため室内で適度の運動が出来ました。
その後シャワーを浴びて成田に戻り、企業関係者との意見交換会に参加し。酔いもあったためブログの更新をお休みしてしまいましたが、できる限りその日の内容をお知らせするように努めて参ります。

今日は午前中一杯企業関係の打ち合わせ。
午後からは、8月に台湾から来日予定の子供人形劇団体の招致を企画している台湾茶道講師 南アテナ先生と小泉成田市長・関根副市長との面談に立ち合いました。
国際空港の地元市として、特に一昨年の震災の際には国を挙げて支援をしてくれた台湾からのお客様という事で、どのような対応ができるのか一緒に考えてみたいと思っています。
その後、成田土木事務所で要望の対応、夕方は不動産関係者からの相談、そしてお通夜に参列と続きました。

さて、昨日カジノを解禁する法案がこの秋にも議員立法により提案されるとの報道がありました。
既に全国の多くの自治体がカジノを含めたIR(統合リゾート)や国際会議場や展示場を備えるいわゆるMICE誘致に名乗りを上げています。
千葉県でも成田空港周辺への立地の可能性を探った調査が行われましたが、幕張や木更津への誘致の動きもあります。
ただ、最近の議論としては、先行して立地が認められる個所が東京や大阪という大都市圏が有力であるとの見方も強くなっているところです。

法案の提出という大きな動きが実現すれば誘致合戦もより活発かつ激しくなると予想しているところですが、千葉県としての方向性もしっかりと議論すべき時期に来ていると考えます。

そして、政府が成長戦略を具体的に打ち出し始めている中で、千葉県としてまた成田としてどのように潮流を掴むか重要な時期に差し掛かっているという事を認識しながら活動していきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

国際空港と市場の連携、そして佐藤防衛大臣政務官の講演

20130423_053410今朝は成田公設地方卸売市場について自民党の秋本真利代議士から視察したいとの依頼があったため同行しました。まずは5時30分からのマグロの競りを見学。
私自身も地元の市場の競りを見るのは初めてでしたので非常に良い機会となりました。
大手スーパー等の直接買い付けなどが進み、成田市場の取扱量・高は年々減少を続け、現在卸会社も魚類、青果ともに1社体制となっています。
マグロの量もかつてよりかなり減少してしまったという事ですが、成田市内だけでなく広範囲にわたる水産物や関連食品の供給基地として重要な役割を担っているとの事で、今後の活性化を期待する声が大きいのが事実です。

20130423_073527 また、青果市場も卸会社の倒産、撤退が3度あり一大生産地の真ん中にある市場であるにもかかわらず、産品が集まらないという状況が続いていました。
しかし、現在の卸会社が昨年秋より根本的な立て直しを図ろうとの思いで努力が始まったところで、今後に期待が持てる状況も作られつつあります。
特に外食チェーン店と農場を経営する大手企業が、直接関わりも持ち始めているなどこれまでにない流れも生まれつつあります。

さて今日の視察の目的は、成田空港の立地を生かした市場の在り方を考えるというもので、世界に目を向けた市場展開を探ったものです。
羽田空港を活用した様々な動きが出来来ている中で、成田の地元として視野を広げてあらゆる可能性を見出し行動しなければなりません。
様々な課題を認識しつつも、新たな取り組みを積極的に行う必要性を秋本代議士と共有しながら朝食をとりました。農林漁業の振興と地域の発展のために。

20130423_160247 日中は、千葉市内のホテルでの自衛隊の後援組織である千葉県隊友会の総会・講演会に参加しました。
今日の講演会は、講師に防衛大臣政務官の佐藤正久参議院議員をお招きして、「私たちが守るべきもの」という演題で1時間の内容でした。素晴らしい内容で、もっと時間をかけてお聞きしたいという思いを持ちました。
たくさんの内容が強い印象で残っていますが、なぜ領土が大事なのかを丁寧かつ実際の事例を交えてお話しいただき、参加者一同領土は断固として守らなければならないとの思いを強くするとともに、国民がその思いを共有するように努めなければならないと感じたところです。
特に最澄のことば「一燈照遇 万燈照国」を強調されていたことに共感を覚えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

銚子市長選 新人の越川氏が当選

昨日行われた銚子市長選挙、新人の越川信一氏が現職で3期目を目指した野平匡那氏を破り当選しました。接戦であったことを票差が物語っています。
銚子市は伝統のある港町ですが、病院問題や人口減少などをはじめ近年さまざまな課題を抱えています。越川新市長には、山積するそれらの諸課題に真正面から取り組んでいただき、銚子市に発展に尽力してもらいたいと思います。

さて今日はほぼ1日屋外での活動となり、久しぶりに疲れを感じていますので、短く早めに失礼させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

大須賀大神祭礼、そして東日本鉄道OB会

今日は4月のこの時期としては48年ぶりの寒さであったそうです。
そんな寒さの中、成田市大栄地区にある大須賀大神では伝統の祭礼が行われ、伊能歌舞伎が奉納されました。
伊能地区の4つの区が毎年交代で年番を務め、今年は伊能三区が取り仕切りました。
どの地域でも伝統の祭礼を継承する努力が続けられていますが、様々な課題がある昨今です。
「伊能のおあそび」とも言われるこの例大祭も、かつては本当に賑やかであったそうですが、今日は天候もあり少し寂しさを感じたところです。
地区に5つある小学校も将来1つに統合するという議論も始まってきた大栄地区。今後も特色を生かした地域振興を進めなければならないと感じました。

午後からはJR、旧国鉄の職員OBで組織する東日本鉄道OB会成田支部の総会、懇親会に出席しました。成田市の様々な行事にもご協力いただいている団体です。
60代から80代まで年齢層が広く、貴重なご意見を数々頂きましたが、平均年齢は年々上がり現在79歳との事。
日本全体で高齢化が進んでいる事を裏付けています。

夜には自宅に戻り家族と合流。成田市内で買い物と食事の時間を取らせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

PTAそして消防団

新年度が始まって半月を過ぎ、変化があった行政や各組織も落ち着きが出てきたように感じるここ数日ですが、今日の成田市内は新年度恒例の授業参観やPTA総会が多く行われたようです。
我が家の子供達が通う地元の小学校でも授業参観、そしてPTA総会が開催されましたが、私はお隣の学区のPTA総会、その後の懇親会に出席させていただきました。

総会の場ではご挨拶の機会をいただきましたが、今後の人口動向やそれに伴う児童数の推移に関し私見を述べさせていただきました。
成田市は周辺の市町村で人口減少が予測されている中で、空港関連によって微増が予想されています。
しかし、将来を見通すのが難しい昨今において、成田の都市力を維持・強化するための戦略が必要であり、地区の格差も更に顕在化して来るため新たな問題も考えて行かなければならないとの思いです。

夜には、日頃より交流のある消防団副分団長 関 恵一さんの分団長就任祝賀会に参加させていただきました。
地元地区を挙げての祝賀会に、結束の強さを感じたところで、消防団への理解が地元住民に広く伝わっていることを感じました。
千葉県下最大の団員数1,500名の成田市消防団のなかで、大きな分団を率いる分団長として今後のご活躍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

心よりのご冥福

今日、いよいよ「酒々井プレミアム・アウトレット」がグランドオープンしました。
千葉県内では木更津のアウトレットが好調で増床されることが決まったばかりですが、 酒々井のアウトレットは成田空港との連携も強く図られるなど新たな取り組みが行われますので、地元地域の発展を含め様々な経済効果を期待したいと思います。

夕方には香取市へ。谷田部勝男県議のお通夜に参列しました。
同じ自民党会派の現職県議のご逝去。特に市議会議員時代からご指導を賜っていただけに悲しみに耐えません。
今はただただ心よりのご冥福をお祈りする次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

医療サービスの海外輸出について意見交換

今日は午前中久しぶりに香取市佐原へ。やはり風情感じましたが、人口減少時代にあって今後のまちづくりや政策をどのように実践してゆくのか、課題も多いようです。

日中には1件の告別式に参列。その後企業関係者と昼食を兼ねた意見交換会となりました。
内容は、今日の新聞某紙の1面にも掲載されていたもので、経済産業省が中心に各省を横断した取り組みとして力を入れはじめている、世界市場を意識した医療ビジネスについてであり、様々な視点でお話を伺うことができました。
私としては、成田国際空港を活用した様々な取り組みについて具体的な検討をすべきとの思いを強く持っています。
今後も常にアンテナを高くそして広くしながら自らの政策にも生かして参りたいと思います。

さて今日もこの後夕食をとりながら福祉関連についての意見交換会となるため早めの更新でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

資源革命によって世界が変わる実感

今日は日中に佐倉市内で開催された千葉ガス株式会社の講演会に参加しました。
講演内容が非常に興味があったためです。
第1部では今後のエネルギー政策、特に地方自治体の取り組みとしても参考になりました。
第2部ではLNGやシェールガス、シェールオイルについて世界の状況などの内容であり、こちらも有意義でした。資源革命とも言うべき時代に突入しており、世界のバランスが大きく変わってゆく事を実感として強く持ちました。

講演会後、ユーカリが丘の開発を手掛けるディベロッパーの役員の方と意見交換しましたが、これからの人口減少時代にどのようなまちづくりを行うのかという点や、千葉県の各地域の動向などについて新たにする貴重な機会であったと思います。

さて、今日はこの後成田市を退職された方を囲んでの会があるため早めかつ短めの内容で失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

圏央道の開通前に

20130416_105503今日は千葉県議会の超党派で組織する圏央道推進議員連盟の視察に参加しました。
今月27日に東金IC-木更津東ICの42.9kmが開通しますが、それを前に視察を行い実際にバスで走ることができました。
この開通によって千葉県の発展が大きく期待されていますが、次に残りの茨城県稲敷IC-大栄JCTの早期開通、そして大栄-横芝の早期着工、県内区間の全線開通を目指さばければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

伝統の御田植祭

20130415_10381020130415_105238今日はまず成田市内の台方麻賀多神社の御田植祭に出席させていただきました。
秋の実りを期待したいと思いますが、TPPにおける米の扱いなど注視していかなければなりません。
ところで、麻賀多神社は”大杉”が有名です。お近くにお出かけの際は是非お参りいただきたいと思います。

午後からは、千葉市内幕張のホテルで開催された友党の公明党秋季政経懇話会に参加させていただきました。
自民党の衆参国会議員、市長村長そして、自民党県議団の多くが来賓として顔をそろえ、盛大に行われました。関心事は7月の参議院選挙。既に臨戦態勢の雰囲気でした。

夕方からは、空港関係者と意見交換をする機会に恵まれましたが、成田空港の充実発展
を目指すための努力を続けるとともに、新たな時代に対応した施設の在り方などを検討するべきとの認識を強く持ったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

悲しいお知らせがりました 谷田部県議のご逝去

20130414_11264220130414_112512_2 今日はまず地元にある三里塚記念公園へ。
かつてあった下総御料牧場の第5代場長 新山荘輔博士の銅像再建10周年となり、関係者が集いました。
新山博士は、牧場経営でも手腕を発揮するとともに、地元三里塚の地域振興にも取り組み、また定年後私財を教育振興に注ぐなど多大な構成気を残しました。
そして後年になって三里塚地域の住民有志が銅像を建てましたが、戦時中に供出されてしまいました。
そして60年の歳月を経て、当時を知る方々の思いが結集し銅像再建を成し遂げたのです。
ただ、既に再建に中心的に関わった方の中にも他界した方も多くあり、今後も歴史と伝統の継承が大きな課題と言えます。

夕方からは、地元の遠山地区区長会の総会、懇親会となり、日頃聞けない各地域の諸問題などをお聞きする事が出来ました。貴重な機会であったと思います。

さて、成田空港の運用時間制限の緩和が3月31日に始まりましたが、昨晩エミレーツ航空のドバイ行きで急患が発生し、初の適用案件として午後10時出発が1時間15分遅れで23時15分となったとの事です。過去であれば離陸できない事案でした。
成田のこれまでのイメージが大きく変わる事を期待しますが、NAAの地域への対応が約束通り行われたのかなどなし崩し的にならないように注視して参りたいと思います。

それから残念な一報がありました。
香取市選出の谷田部勝男県議が肺がんのためご逝去されました。
最近では体調がすぐれない姿をお見受けしていましたが、お亡くなりになられたという事実を聞くと悲しみに耐えません。
今はただ、これまでのご功績に敬意を表するとともに心からのご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

成田太鼓祭り

今日は久しぶりに天候に恵まれた土曜日となりました。
成田では「太鼓祭り」の初日。多くの方が成田山周辺に訪れていただいたようです。

20130413_17253720130413_174026私も成田山新勝寺大本堂前を舞台にした千年夜舞台を見させていただきましたが、高校生の団体からプロまで5団体の演奏は、どれも素晴らしく午後5時からの2時間、満席のかつ立ち見の観客を魅了していました。

20130413_18052420130413_184402成田が誇るイベントに成長した事を実感します。
実行委員会をはじめスタッフの皆さんのご尽力に敬意を表します。
明日もこの太鼓祭りは続きます。是非お出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

今日は臨時議会

今日は臨時議会が開催されました。
提案された議案は、印西市の水道区域内の字の変更に伴う条例改正と、専決処分した内容の承認でしたので、実質的な審議は簡単なものでした。
また、新たに副知事として前総務部長 高橋 渡氏の選任の同意を求める議案が提案され同意されました。

議案の提案前に森田知事から知事就任の挨拶があり、以下の内容を公約として訴えたとありました。

  • アクアラインの恒久的な料金引き下げ
  • 圏央道の早期全線開通の実現
  • 成田空港を活用した経済活性化
  • コンビニエンスストアと連携した防犯対策
  • 防災基本条例の制定
  • 教育に関する有識者会議の設置
  • 子育て支援及び医療・福祉の充実

これらの掲げた公約が達成されるように引き続き努力をしてもらいたいと思いますが、議会の一員として私自身も積極的に活動して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

農畜産物輸出拡大に関心を持っています

今日は午前中に貿易業を営む台湾出身で成田市在住の方から相談を受けました。
内容は、今年8月に長野県飯田市で行われるアジア国際人形劇フェスティバルに参加する台湾の子供たちが、直前に成田を訪問する企画をしているので力を貸してほしいというものでした。
台湾と日本の関係は重要であると認識しています。また国際空港の地元である都市としても国際交流・支援に積極的であるべきとの思いですので、微力ですがお手伝いして参りたいと思います。

午後からは、不動産関係の方と成田の都市づくりについて意見交換、その後成田市役所にて政策的な内容について調査しました。

夕方には、千葉県第9選挙区の秋本真利代議士から問い合わせがあり、成田空港を活用した政策について意見交換しました。
秋本代議士いわく、「成田空港を活用して地域を盛り上げましょう」との事。私からは、「国政の場で発信していただきたい」との要望をしました。
秋本代議士からは、国が議論を始めている農畜産物の市場機能と国際空港の相乗的活用を成田でやるべきとの意見を頂いています。この件については既に羽田空港を活用した構想が動き出しているとの事。周辺に土地がありネットワークが豊富な成田が検討しない手はないとのご指摘です。

私もかねてから国際空港を持つポテンシャルをもっと活用すべきとの視点において、世界のモノが集まる国際空港ならではの取り組みとして、市場機能を併用した国内外のモノの結節点として整備出来ないかとの思いを持っていました。
しかし、地域レベルでは中々議論も前へ進まないところでしたので、「攻めの農政」への転換を目指す国が海外市場を意識し積極的な政策展開を図る中で、成田国際空港を活用した農畜産物の輸出拡大について、国レベルの動きと連携をした取り組みに発展させる事を目指してみたいとの思いを新たにしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

自民党高村正彦副総裁のご講演を拝聴

20130410_123146 今日は内外情勢調査会千葉支部の後援会に出席しました。私は会員資格はありませんが、今日の講師が自由民主党副総裁の高村正彦先生という事もあり、特別にご案内いただいたものです。

ご講演の内容は、まず現下の経済状況や金融政策、そしてアベノミクス。
先進各国要人との協議内容などにも触れていただきました。

そしてTPP。外交の重要性を知る高村副総裁らしい見解、そして自民党の考え方を丁寧にお話しされ、会場の方々の理解が進んだように思います。

その他にも憲法改正について、第9条と第96条への考え方や日中関係についても交え約1時間の内容でした。

各政治家の政策的な考え方を聞く事は出来ますが、自民党の副総裁としてのお話を聞けた事は貴重であったと感じます。

今後もあらゆる機会を積極的に活用して自らの幅広い政策形成にも役立てて行きたいとの思いを持ちました。

午後からは約8か月ぶりとなる議会の厚生活動の一つ、野球部の練習に参加しました。
身体がなまり思うような動きが出来ない事を実感しつつも、年齢をも自覚する事となりました。ただ怪我もなく楽しめた事が幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

140年の伝統の成田小学校入学式で思った事

今日も小学校の入学式に出席させていただきました。140年の伝統を誇る成田市立成田小学校です。
例年はご案内を頂きつつも地元の小学校と重なり出席できませんでしたが、今年は出席がかないました。
式の後半で校歌を聞きましたが、まさに伝統を感じるものでした。

さて、成田空港の騒音地区にある東小学校では今年の入学は何と1人。多くの世帯が空港建設に伴い移転を強いられ現在に至っています。
一方で今日の成田小学校の新1年生は120名を超えています。
成田の各地域の格差を如実に表している数字と言えます。

「均衡ある発展」の難しい現実は理解しつつも、教育環境の不平等だけは作ってはならないと強く認識した今日の入学式です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

国とNAA もっと誠実であるべき

今日は成田市内の多くの小中学校で入学式が行われました。
我が家の娘も地元の小学校へ入学です。

話はがらりと変わりますが、成田空港においては、3月31日から始まったオープンスカイ(航空自由化:航空会社が乗り入れ空港や便数を自由に選択できる)によって更なる発展が期待されています。
LCCによる路線拡充も今のところ順調に推移しています。
ただ、国内LCCの中で関西国際空港を拠点とするピーチが堅調なのに対して、成田を拠点とする2社は採算ラインと言われる搭乗率を繁忙期以外は達成できていない現状があるようです。またスカイマーク社はLCC参入の影響を直に受け、全体的に苦戦している模様です。

さて、国及び成田空港会社(NAA)は、このオープンスカイに間に合うように成田空港のこれまでの離着陸時間制限(カーフュー)について、朝・夜それぞれ1時間の弾力的な延長を認めて欲しいと地元自治体に対して昨年12月に提案しました。
これに対して地元住民の間には過去の約束事項が履行されていない事などから反対の声も多く、また国とNAAが期限を区切って結論を求めたため、「議論の時間がない」、「結論を得るまでの期限を設定すべきでない」との意見も多く出ました。

国とNAAは、提案当初2月中の結論という期限を設定しました。そして最終的には地元の説明会などの遅れもありましたが、国及びNAAが目標設定した「3月31日のオープンスカイ実施まで」という期限を守る努力が地元自治体で行われたのです。
結果的には、騒音下住民の十分な説明や理解を得られない状況であることから、地元市町は朝の5時台の提案を取り下げ、夜11時から翌日0時までの1時間のみを認める決断をしました。国際空港としての成田空港の発展を願うと共に、国とNAAの提案を出来る限り尊重しようとの思いがあった上の決断です。
しかし、騒音の影響を受ける住民の多くは未だ納得出来る状況になく、これまでの空港との信頼関係が損なわれたとも言える状況になってしまっています。

私としては、今後の地元地域の方々との信頼の再構築が必要であるとの思いを強くしているところですが、国とNAAの対応に大きな不満を抱かざるを得ない事が一つあります。

それは、航空機騒音評価指標の変更が法律によりこの4月1日から、これまでのWECPNLに代わってLdenという方式に変更となりました。この変更に伴って新しい指標のLdenで計算した騒音線引きを示すという約束があったにもかかわらず、未だに実行されていない事です。
騒音地域住民が騒音の線引きに非常に大きな関心を寄せている事は、これまでの歴史から見て誰もが解っていなければならない事であり、WECPNLが実態の騒音を評価できないという問題点から多くの議論と歳月が経過し、ようやくLdenへと変更することになったのです。この方式への移行は騒音下住民の長年の願いでもありました。

しかし、法律が改正され施行日を過ぎても新しい計算方式のLdenによる騒音線引きが全く示される気配もなく、なぜ示されないのか未だにその作業状況も明らかにされず関係地元市町や県に対して丁寧な説明もないとの事です。
法律に基づく重要な変更であるにもかかわらず、国とNAAは地域住民の思いを理解した行動が全く見られないとも言わざるを得ない状況なのです。

過去から「約束を守らない国・NAA」と言われてきた事もありますが、自らの提案には期限を区切り騒音下住民に我慢を強いる一方で、本来行政としてまた運営会社としてやらなければならない事を平気で疎かにしていると言われても仕方のない状況を作り出しています。

私としても市議会議長時代に、発着容量30万回を成し遂げるため地域に提案した防音工事内容の一つが大幅に遅れた事については、大きな責任を感じているところで、約束した事を確実かつ早期に実現する体制を作らなければならないとの思いを強くしています。

成田空港周辺の住民の多くは、成田空港の更なる発展を望んでいます。しかし、その思いを受け止めるべき関係機関が自ら信頼関係を損なう行動をしている点があるという事を強く指摘すると共に、政治に携わる者としての責任も感じなければならないとの思いを持ちます。

このような内容について認識している方は少ないかも知れませんが、あえてブログ上に掲載させていただきました。
全ては成田国際空港が世界の中で戦える空港となるため、そして地域が空港と共に発展するために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

伝統の獅子舞 豊住の北羽鳥香取神社

20130407_105645_4今日は暴風雨はおさまりましたが風の強い1日でした。
地元の名物「ジンギスカン」で花見の予定もありましたが、残念ながらこちらはキャンセル。
その他の行事も影響を受けたものもあったようですが、成田市北部の豊住地区にある北羽鳥香取神社の祭礼は予定通り行われました。
江戸時代から伝承されている成田市の無形民俗文化財でもある獅子舞が奉納されました。最近ではドラマや映画のロケ地として登場する地区ですが、これからも歴史と伝統を次世代へ引き継いでいただきたいとの思いです。

5つの予定が全く同時刻であったため、対応に苦慮した1日です。
最後となった地元の三里塚区の総会会場に到着した時にはすでに終了し、わずか数人が残っているのみとなっていました。
「身体がもう一つあれば」と年に数回思う日の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

幼稚園入園式、そしてカタクリの花の鑑賞会など

春の嵐がまた再来するとの予報。日中はどうにか持ったようですがこれから夜にかけては警戒が必要なようです。と言いつつも、この後お通夜に参列、そして宴席があり外出しなければなりませんので早めの更新です。

Img_20130406_1014581さて、今日は午前中に聖徳大学付属成田幼稚園の入園式に出席しました。
新年度が始まり学校も始業式が行われましたが、いよいよ入園式や入学式シーズンの到来です。
幼稚園の入園式での挨拶は、主役が新入園児たちであるため最も難しい挨拶の一つです。

日中は地元地域の遠山小学校へ。今日は同校の敷地内のある「駒の森」に群生しているカタクリがきれいな花を咲かせたため、PTAや地域の方々が集まり鑑賞会を催していました。
20130406_113658カタクリが花を咲かせるまでには最短でも7~8年かかり、そして千葉県あたりが南限とも言われています。
地元の方々としては、カタクリの群生地として保全して行きたいとのことでした。
成田国際空港を離着陸する航空機の騒音が轟く地域ですが、自然が大事に守られていることにうれしさを覚えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

成田市役所内に「成田ブランド推進室」、「大学誘致推進室」

今日は新年度になって初めて地元の成田市役所に行き、新任の幹部職員の方々に挨拶をさせていただきました。年度が替わって5日、まだ慌ただしさがある成田市役所内であったように思います。
特に1階の市民生活部の総合窓口は混雑していました。成田空港がある影響で毎年3月4月で転入転出の多い成田市ですが、人口は13万500人を超えた数字が表示されていました。
人口減少、少子高齢化時代、人口の推移も気になるところです。

さて、成田市役所ではこれまでのスタッフ制から係長制が復活しました。
これにより係長や課長補佐という役職が設けられ、行政組織としても仕事がしやすくなったとの声も聞こえて来ます。
時代の変化に伴って行政組織の在り方も議論され続けていますが、効率的かつ戦略的、そして住民ニーズに的確に対応できる組織であって欲しいと思います。

20130405_115313そして組織の中で新たに、企画政策課内に「成田ブランド推進室」、「大学誘致推進室」が設けられました。これまで企画政策課は重要な役割を担ってきましたが、時に「何でも屋」的なところもあり、課の名前の役割を果たせていたかどうか疑問なところもありました。
しかし、今年度は大きな政策の柱である「成田ブランドの構築」と「大学誘致」が掲げられ、専任の担当者が置かれています。
どちらの政策も様々な努力の積み重ねが必要となりますが着実に推進されるように望みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

副知事に前総務部長の高橋 渡氏 議案として臨時議会に上程

今日は一転好天に恵まれました。
その1日のほとんどをこれまで言葉では言い尽くせない御恩を受けた方の葬儀で過ごすこととなりました。
お元気な頃とは全く姿を変えてしまった現実に悲しみを通り越した感を覚えました。
妻と二人の子供とともに心からのご冥福をお祈りさせていただきました。

本来であれば自民党会派の議員総会がありましたが、そのような事情により欠席させていただきました。
議員総会の内容は、来週12日に予定される臨時議会の提出案件についてでしたが、現副知事の石渡哲彦氏が退任し新たに前総務部長の高橋 渡氏を選任したいというものでした。
いよいよ森田県政2期目が具体的に動き出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

春の嵐の1日 

今日はまさに春の嵐でした。そんな中、成田市内では伝統的行事が行われました。一つは私の地元地区で行われた成田市小菅の側鷹神社の神武天皇祭。
伝統の高砂踊りも今日はほとんど踊る事も出来ず、共同利用施設での懇親会が主なものとなりました。

それら千葉県無形民俗文化財に指定され300年の歴史を持つおどり花見。
今年平成25年のおどり花見は、当番町の本町女人講の方々にとって記憶に残るものとなるほど荒天の中でした。
しかし無事に全ての巡拝行程を終える事が出来たようです。

県議会は今月12日に臨時議会が開催される予定で、2期目のスタートを切った森田県政ですが、色々な動きが予想されています。
2期目の森田県政、「攻めの成田へ」との答弁のように積極的な政策展開を期待しています。

さて、今日は私の後援会長を長年務めてくれた山村博美氏のお通夜となりました。
私たち夫婦の仲人も務めていただき、これまでのご指導やご支援を考えると言葉では言い尽くせないご恩を感じます。
体調を崩されてから暫く入退院があり、ここ数カ月はご自宅で静養されていましたが、長年務めてきた野球関係の役職を3月31日で終え、日が変わって間もなくのご逝去でした。
関係者との会話でも、最後まで役職を務めたという山村氏らしい責任感を感じたところです。
明日は告別式となりますが、暫く悲しい日々を送らなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

三里塚=反対派という間違ったイメージ

新年度が始まり、関係機関の方々が人事異動に伴いご挨拶に来ていただきました。各行政機関ではいよいよ新年度が本格的にスタートしたという感じです。

さて、今朝の成田市内某所でのある男性との会話で、私が”三里塚”に生まれ育ちそして今もなお居住している事を知ると、
「三里塚?まだ空港反対してるんだ?」との問いかけがありました。

年月が経過して三里塚での最後の闘争いわゆる「10.20現地闘争」から27年を経過し、その記憶も薄らいできている感を覚える昨今ですが、”三里塚”は未だに成田空港反対闘争の地という象徴的な存在としての記憶が一部にあるようです。

実際には三里塚の住民の多くは直接反対運動には参加せず、賛成派が多数を占めていました。事実は激しい反対闘争によって負のイメージを被り、また直接被害を受けた事も多々あります。
しかし、反対運動の先頭に立った故戸村一作氏や強硬派である北原派の北原鉱治事務局長の地元という事、また現地闘争の中心であったことなどから全国に「空港反対のまち」との印象を持たれたようです。
私自身、過去においても三里塚出身であるという事で、「反対派住民」と思われた事が何度となくありますが、未だに今日のような言葉を投げかけられるとは意外でした。

成田空港も新たなステージに入りました。地元に生まれ育ったという自負を持ちながら今後も成田空港に関する事を政策的中心に置きながら活動して参りたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

県議会リポートを発行

1302koike_masaaki1 本日県議会リポートを発行しました。
2月県議会での一般質問で、約2か月前の内容という事で成田空港の離着陸制限(カーフュー)の弾力化については、若干古い議論の内容となってしまいました。
今後は発行までスピーディーに作業を行いたいと思います。
県議会リポートへ

ご意見等ありましたらお寄せいただければ幸いです。
メールアドレス koike@negy.3web.ne.jp まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »