« 一般質問 日程の半分を終了 | トップページ | 今日も各種行事に参加 »

2013年6月14日 (金)

圏央道 神崎-大栄間 H26年度中の開通へ

今日の質問者は午前2人、午後2人、休憩の時間を利用してお昼にはIR(統合リゾート)研究議員連盟の総会がありました。
「このままだと千葉県は乗り遅れる」といった意見が大勢で、名称を「推進議員連盟」と改称することとなりました。
アベノミクスの成長戦略「国家戦略特区」で、IRは「お台場地域が最有力」との意見が多方面から聞こえてきますが、都心一極集中ではなく首都圏として広範囲の成長戦略を策定してもらいたいとの思いを共有した総会です。

午後の本会議後は、、「拉致問題早期解決の支援に関する議員連盟」の総会に出席。拉致疑惑失踪者の多さを改めて認識するとともに、国民が問題意識を共有する必要がある事も訴えて行かなければなりません。拉致被害者家族の苦悩や悲しみを考えると言葉が出ません。

報告を1件。
本日圏央道に関する記者発表があり、既に今年度中の開通が決定した稲敷IC -神崎IC (10.5km)に続いて、神崎IC-大栄JCT (10.0km)が土地収容手続きが速やかに完了すると言う条件付きですが、26年度中の開通予定が発表されました。
茨城県内の各区間も多くが開通の見込みが立ってきており、まさに圏央道のもたらす効果が数年の間に現実のものとなります。
当然にその効果が十分活かせる政策が必要なことは言うまでもありません。

さて、今日はこの後地元で国政報告会が開催されるため、早めの更新です。

|

« 一般質問 日程の半分を終了 | トップページ | 今日も各種行事に参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圏央道 神崎-大栄間 H26年度中の開通へ:

« 一般質問 日程の半分を終了 | トップページ | 今日も各種行事に参加 »