« 各行事へ参加 日本語スピーチ大会など | トップページ | 今日から一般質問 代表質問が行われました »

2013年6月10日 (月)

エアアジアとANAが提携解消、そしてピーチは成田乗り入れか

今日は航空関係で少し驚いたニュースが入ってきました。
それは「アジア最大のLCCエアアジアが全日空との提携を解消」というもので、エアアジアは日本からの撤退を否定していることから国内の別のパートナーを探す模様です。

これによって成田国際空港に昨年就航したばかりのエアアジアジャパンは、全日空の100%子会社となる予想で、関西国際空港を拠点とするピーチとの位置づけがどうなるのか気になるところです。

そしてこのピーチも首都圏への乗り入れが決定していますが、その候補として成田空港が挙げられています。この件についての正式な発表は明日行われるとのことですが、既にネット上ではこの秋から「ピーチ 関西-成田開設」という内容が多く出ています。

エアアジアとANAの提携解消も秋という事で、ピーチの首都圏乗り入れ時期とも重なっていることから色々な想像がされているところです。

そもそもエアアジアのANAとの提携解消の理由が低迷している搭乗率との事。80%台の搭乗率に自信を持っていたにもかかわらずその予想を大きく下回っているのが現実です。

今後エアアジアが日本でのパートナーとどのような事業を展開するのか注視するとともに、地元の議員として成田国際空港を取り巻く様々な動きにも注意を払いたいと思います。

|

« 各行事へ参加 日本語スピーチ大会など | トップページ | 今日から一般質問 代表質問が行われました »

コメント

エアアジアジャパンの提携解消は大きな話題となっていますね。
10月までは提携は維持されるようです。
今後はピーチと合併とも独自ブランドでとも言われていますが、成田に本社がある航空会社が消える可能性は高いです。

成田路線については当面維持されるそうですが、制限の多い成田ではどこまで出来るかという懸念が報道されています。
毎日新聞にも成田の門限について書かれていました。
成田の門限が地元企業を危機に陥らせた一因となっているのは確かです。
今後門限の緩和が必須ですが、市長が恒久的に変えないと言ったようなのでこれがどう響くかです。

羽田国際化も控えている中、保身とポーズの為に空港に文句ばかりいう政治家は問題があります。
国や空港には約束だ信頼だ言いますが、選挙の時の公約の様なものを達成出来る議員がどれほどいるのか疑問です。
国や空港に30万回の約束と言うのならば、自身も公約を達成出来なければ次回は出馬しないくらいの覚悟は必要です。
そう感じる議員がちらほらいます。

ピーチについては成田と日経が報じていますが、フライチームは羽田と予想しています。
発着枠の問題もあるので成田で間違いないと思われますが、羽田の予想もありtwitter等では成田より羽田に期待する声もあります。

成田の今後については全く楽観視出来るものではありません。
日経では羽田が日本の玄関にという記事があり、来年には1200万人を見込んでいるとのことです。
今週ベトナムとの航空協議が行われますが、議題は羽田昼間枠についてで成田は議論にすらならないようです。
このように、羽田だけの交渉も始まっています。
企業についても、羽田国際化を見据えて成田から移転する企業が増えています。
非正規雇用では羽田移転に伴い解雇の可能性もありますし、正社員でも勤務地が羽田となる企業も貨物関連で聞かれます。
せっかく地元に巨大な産業があり就職しても、解雇されたり羽田に勤務地が変更になったりしたのでは地元住民にとってマイナスです。
ただ、議員や市町の首長に危機感が無いのが残念です。
エアアジアジャパンも地元企業ですし、空港に勤務する地元住民も大勢います。
賛成しているのは騒音地区外の人と言うこともありますが、騒音地区にも賛成している人はいますし、空港に勤務している人はいます。
私も移転で揉めるような地区ですが、門限緩和には賛成しています。

しかし、一部議員にとっては地元の空港勤務者や地元企業はどうでもよく、特定の支持者に阿ってばかりの人がいます。

今成田をどうにかしないといけない中で、この状況は非常に深刻です。

投稿: 地元民 | 2013年6月11日 (火) 01時34分

ピーチは成田で決定しました。
しかし拠点化するかについては、24時間使える空港以外は拠点にしないとのことです。
また、関空ベースなので成田の門限に影響されないとコメントしたそうです。

ここのところ門限緩和の議論を進めるきっかけが増えているように感じます。
弾力化の利用も先月から度々されるようになりました。

門限の緩和が重要なのは理解されていると思いますので、早急な実現をお願いします。


成田の路線はデンバーと松山が新たに加わり、利便性が高まっています。
両都市ともに売り込みを図っているそうです。
成田側にも売り込みをする組織が出来ているようですが、まだ十分ではないように感じます。
空港利用者に千葉へ立ち寄ってもらうという取り組みも必要ですしその動きはいいと思いますが、空港利用者が減っては意味がありません。
利用者を増やすには空港そのものを強化する取り組みが一番重要だと感じています。
まず空港の機能を強化するため、門限緩和やアクセス改善に取り組み、同時に新たなる路線の誘致をするべきです。
今回開設されたデンバーも、デンバー側は何年も前から日本へ来てPRを行っていました。
成田も見習い航空会社に働きかけたり、就航希望先と協力したりするのがいいと思います。
成田ではなく羽田に就航し、その後も地方路線を開設しても成田に見向きもしないなどと言われるハワイアン航空のコナ線を誘致出来れば素晴らしいと思います。
これからは地元も積極的に動いていかなければ、取り残されてしまいます。

投稿: 地元民 | 2013年6月12日 (水) 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアアジアとANAが提携解消、そしてピーチは成田乗り入れか:

« 各行事へ参加 日本語スピーチ大会など | トップページ | 今日から一般質問 代表質問が行われました »