« 時間を有効に使い参院選へ | トップページ | 県職員給与7.8%減 議員報酬も10%減 可決 »

2013年6月17日 (月)

久しぶりに成田JCの例会に参加

県議会は一般質問が続き今日で5日目が終了しました。
明日で一般質問の日程が終わり、委員会の日程に入ります。
今議会は、知事選の関係で当初予算が骨格予算であったことから、知事の政策を反映する肉付けの補正予算で1,066億円が計上されていることから、予算委員会も開催されます。
そして、その後に各常任委員会が開催される予定となっています。

さて、議会終了後地元に戻り事務所にて所用をこなし、その後夜には久しぶりに成田青年会議所の例会へ。
今日の例会内容が空港関係に焦点を当てたパネルディスカッションで、空港関係者や航空会社の方も参加するという事で興味を持ち参加させていただきました。
私も13年在籍させていただいた成田JCで成田空港について様々な議論をしたことがありますが、当時とは現在の課題意識も大きく異なり、発着容量30万回後の新たな課題について様々な視点での議論がなされていることは、非常に有意義であり頼もしくも感じました。

若い世代だからこそ思い切った発想も可能で、既成概念にとらわれない発言から久しぶりに刺激を受けたように感じます。
今後とも広い視野で成田地域の課題を議論して、地域のみにとどまらず発信してもらいたいと願うとともに、課題解決に必要な行動も認識して活動して行って欲しいと感じているところです。

|

« 時間を有効に使い参院選へ | トップページ | 県職員給与7.8%減 議員報酬も10%減 可決 »

コメント

こんばんは。

若い世代が議論するのはいいことですが、成田空港を成長させる結論についてどこまで反映されるかは疑問です。

思い切った発想や既成概念に囚われない発言も、現在の状況ではすることすら難しい状況です。
門限緩和も円卓会議どうのという過去に囚われた反論がされ、787など当時に比べ騒音が少ない飛行機が登場したことは考慮されません。
空港が地域対策をしてもそれを評価せず事あるごとに信頼信頼を繰り返し、空港のプラス面に目を向けて貰おうとしてもマイナス面ばかりに注目しています。
若い世代は空港と共に育ってきています。
修学旅行やホームステイで空港を利用することもありますし、バイトや就職も空港関連の仕事が多いです。
親が空港勤務ということも少なくありません。
若い世代は空港を肯定的に捉えている人が多いですが、地元を動かしているのは年寄りの意見です。
もっと将来を見据えた対応をお願いしたいです。

投稿: 地元民 | 2013年6月18日 (火) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに成田JCの例会に参加:

« 時間を有効に使い参院選へ | トップページ | 県職員給与7.8%減 議員報酬も10%減 可決 »