« アベノミクス「国家戦略特区」 県としての議論が必要 | トップページ | 圏央道 神崎-大栄間 H26年度中の開通へ »

2013年6月13日 (木)

一般質問 日程の半分を終了

今日で県議会は一般質問の日程を半分終わりました。
個人の一般質問が続いていますが、県内各地の課題など改めて認識させられるものが多くあり、また千葉県という広い県土において格差の存在についても再認識しているところです。

夕方からは複数の会議が続き、夜には有志の議員で意見交換となり、そして地元に戻り消防団活動に合流。
雨天のため屋内での訓練が丁度終わったところでした。
地元の仲間との語らいはやはり落ち着くという実感を持ち帰宅したところです。

さて、既に報道にもあるように副知事の人事案件が追加提案される予定です。
また、この6月議会は慣例により正副議長をはじめ議会人事の変更が予定され、これに伴い自民党県連組織にも動きが出てくると思います。
そのためいつもより期数の上の先輩方の動きが慌ただしいように感じる6月議会です。

|

« アベノミクス「国家戦略特区」 県としての議論が必要 | トップページ | 圏央道 神崎-大栄間 H26年度中の開通へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般質問 日程の半分を終了:

« アベノミクス「国家戦略特区」 県としての議論が必要 | トップページ | 圏央道 神崎-大栄間 H26年度中の開通へ »