« 女子野球チーム 千葉マリンスターズと対戦 | トップページ | 久しぶりに人間ドックを受診 »

2013年6月 2日 (日)

公津地区運動会、そして騒音対策協議会遠山部会総会

梅雨入りして週末の天気が気になっていましたが、雨も降らず各地のイベントも予定通り行われました。
そして私は、第30回を数える公津地区運動会に出席しました。
各区、自治会から参加者は1,000人という大きな地区運動会で、新たな中学校やコミュニティセンターが建設される地区の勢いを感じたところです。
また、伝統のある宗吾霊堂や印旛沼周辺の地域からも各世代が参集し、地区対抗の競技で地元の名を背負い競う姿は、地域の運営が良好であると想像できるものでした。
30回という節目を迎えて、これからも地区の良好なコミュニティの形成のためその回数を刻んでいって欲しいと願っています。

運動会の会場を後にしてからは佐倉市での葬儀に参列。お世話になった校長先生のご母堂の急逝にお悔やみを申し上げました。

午後からは騒音対策協議会遠山部会の総会に顧問として出席し、ご挨拶させていただきました。
新たな課題が次々と発生する成田国際空港ですが、内陸空港である宿命は今後も変わることがありません。
その視点からも騒音の影響を受ける地域と空港会社、そして行政の信頼関係が重要であり、関係者が常に努力を続けなければならないと考えています。
空港本体の拡充に目が向きがちですが、騒音地域と空港との密接な結びつきの中で、地域振興も合わせて前進するように努めて参りたいと思います。

|

« 女子野球チーム 千葉マリンスターズと対戦 | トップページ | 久しぶりに人間ドックを受診 »

コメント

羽田にドバイとシアトル路線が就航しました。
代わりにエミレーツの成田線の機材が小さくなり、380の運用が終了しました。

地域発展には空港の発展が欠かせないと思います。
空港あっての地域発展です。

ところで、最近よく話に出る信頼関係という言葉ですが、市長等も言っていました。
騒音対策や説明、地区の祭レベルへの寄附等を行っている空港ですが、これ以上求めるものがあるのでしょうか。
具体的にはどのようなことがあれば信頼なのかが気になります。

投稿: 地元民 | 2013年6月 5日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公津地区運動会、そして騒音対策協議会遠山部会総会:

« 女子野球チーム 千葉マリンスターズと対戦 | トップページ | 久しぶりに人間ドックを受診 »