« 利根川上流ダム貯水率低下で10%取水制限開始 | トップページ | 保目神社祭礼など »

2013年7月25日 (木)

成田スマートIC運用時間延長へ

成田空港へのメインアクセス道路R295の混雑が問題視され、特に空港方面へ向かう朝の時間帯に渋滞の発生が常態化していたことから、高速道路である新空港自動車道へ進入するスマートインターの設置が計画、2009年4月より運用が開始されました。

しかし、2008年秋のリーマンショックで空港の運用が大きく落ち込み、交通量も大きく減少しスマートインターの利用も低迷していました。
これに対して運用時間を6:00~10:00の4時間に限定、利用料金も割引料金を導入し運用されています。

その後成田空港としては、JALの破たん、東日本大震災と運用に大きな影響のある出来事もありましたが、徐々にスマートICの利用も増加し、今年度に入ってからは安定的に利用率が向上しています。

そこでこの度運用の決定を行う協議会において、成田空港発着枠の拡大とLCCの就航増加によって交通需要が見込めるとして、利用動向を検証するため8月8日より年度末の来年3月31日まで運用をこれまでの4時間から拡大させて、6:00~15:00の9時間とすることが決定されました。
なお、
料金は引き続き割引料金(軽・普通車・中型が100円、大型150円、大特300円)が継続されます。

成田空港の運用状況のバロメータでもあるこのスマートICの今後の利用について注視していきたいと思います。

|

« 利根川上流ダム貯水率低下で10%取水制限開始 | トップページ | 保目神社祭礼など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田スマートIC運用時間延長へ:

« 利根川上流ダム貯水率低下で10%取水制限開始 | トップページ | 保目神社祭礼など »