« 塩崎元官房長官に同行 | トップページ | 始球式で急きょバッター »

2013年7月12日 (金)

成田市で無形文化財の連絡会発足

暑さが続いています。全国で多数の熱中症の報告もあるようですのでどうかお気を付けください。

さて、今日は旭市長選挙に立候補を予定している現職の明智忠直市長の選挙事務所へ陣中見舞。当初は無風かとも思われましたが、事前情報では明後日から選挙戦に突入する事が確実と見られています。
千葉県内で大きな津波被害を受け、明智市長は復旧・復興に取り組んできました。しかし、本格的な復興を成し遂げ、多くの仮設住宅に住む方々の生活支援、そして市の将来の姿を確実に描くためにも明智市長には引き続き市政を担当していただきたいと願っています。

旭市を後にしてからは、香取市にて国道51号線、国道356号線、県道小見川鹿島港線のそれぞれの建設整備促進期成同盟の総会に出席しました。
香取市では、伝統の佐原の大祭の初日を迎え街の雰囲気もお祭りムードでした。そして総会終了後は、宇井香取市長の取り計らいにより佐原の街中でお祭りを楽しみながらの懇親会が設定されていました。
残念ながら私は次のスケジュールのため懇親会には参加できませんでしたが、参加予定の関係者は楽しみにしていたようです。

夕方には成田市内の戻り、成田市指定無形民俗文化財保存団体連絡会の設立総会、その後の懇親会に出席しました。
成田市にある、台方麻賀多神社神楽、北羽鳥香取神社獅子舞、西大須賀の神楽の3つの団体によって組織され、今後連携しながら伝統芸能の継承と後継者育成への活動など行っていくこととなります。
少子高齢化によって農村部の担い手が減少を続ける中で、行政が地域の伝統芸能の継承を支援する事について歓迎すべきであると感じました。
「全国の伝統芸能に携わる方々が結集するサミットを成田市で開催したい」との思いを述べられた佐久間一彦会長の思いが早期に実現してほしいと願っています。

さて、この後は後援者の方々との懇談会に臨みます。

|

« 塩崎元官房長官に同行 | トップページ | 始球式で急きょバッター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田市で無形文化財の連絡会発足:

« 塩崎元官房長官に同行 | トップページ | 始球式で急きょバッター »