« 河村 元官房長官が来成 | トップページ | 参院選残り3日 大詰めです »

2013年7月16日 (火)

航空関係者と貴重な意見交換

昨夜から今朝にかけては爽やかさを感じるほど涼しく感じました。
日中も先週とは打って変わって過ごしやすい暑さとなり、お陰で朝の駅頭、日中の活動も体力的に楽な1日となりました。

夕方には、航空関係者と意見交換する機会に恵まれましたが、閣議決定から47年、開港から35年を経過した成田空港の施設面の老朽化については意見が一致したところです。
特に近隣アジアの大規模国際空港と比べても見劣りすることや、各施設のレイアウトなど次代を見据えて議論を始めるべきとのご指摘は、説得力のあるものでした。

また、今後の成田空港への期待も強く感じましたが、その期待に対して空港会社そして地域がどのように応えていくのかが大きな課題であると強く認識したところです。
そして発着容量については、羽田が新たな国際線枠3万回を加えて44.7万回、成田が30万回で合わせて74.7万回。将来の首都圏の需要を考えると、そろそろその先の発着回数をどの空港がどのように担って行くのか正式な議論が必要であるとの率直な意見も賜りました。
様々な問題や課題を抱えながらの成田ですが、将来を見据えた議論の展開も必要であると認識しているところです。

|

« 河村 元官房長官が来成 | トップページ | 参院選残り3日 大詰めです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航空関係者と貴重な意見交換:

« 河村 元官房長官が来成 | トップページ | 参院選残り3日 大詰めです »