« 「ハラール」について会議に出席 | トップページ | 震災・原発事故の避難者は千葉県内に未だ約4,000人 »

2013年9月18日 (水)

交通安全対策の必要性を実感 

今日は47回目の誕生日。Facebookでは多くの方からお祝いのメッセージを頂戴しました。
ここ数年本当に1年が早く、年をどんどんと取っていくという感を覚えます。
体力もそれほど落ちていないと感じていたものの、いざスポーツをすると悲しいことに衰えを感じる最近です。
しかし、気力を保ちながら精力的に活動していきたいと思います。

今日は1日成田市内に留まりましたが、朝方に美郷台2丁目で発生した車同士が衝突・横転する交通事故の現場を確認しました。
かねてから現場の交差点の危険性を指摘されていましたが、成田市でも側線や優先道路の明示など行った矢先で大きな事故となりました。
横転した中から近所の方が車内にいた人を救出したとの事です。
周辺の方からは、「もう少し時間がずれて、もし通学時間帯だったら子供たちが巻き添えになり大変なことになっていたのではないか」との声が聞かれました。
私自身もその言葉に、更なる対策を早急に講ずべきとの思いを持ったところです。
住民の方からは、抜け道利用者が多いため「止まれ」の規制をして欲しいとの要望もありました。
実際には住宅街で道路が碁盤の目のようになっている地区の中ですので、同様の箇所が数多く存在することなどから、公安委員会の規制を設けられるのか難しい判断のところですが、成田市当局と相談しながら対策を講じるべく要望していきたいと思います。

午後からは打ち合わせなどを行いましたが、成田市が計画している国際医療福祉大学の看護学部誘致の現状などについて調査させていただきました。

さて、これから昨日に続いて夜の打ち合わせがあるため早めの更新で失礼します。

|

« 「ハラール」について会議に出席 | トップページ | 震災・原発事故の避難者は千葉県内に未だ約4,000人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通安全対策の必要性を実感 :

« 「ハラール」について会議に出席 | トップページ | 震災・原発事故の避難者は千葉県内に未だ約4,000人 »