« ボーイスカウト、ナリフェス2013に出席 | トップページ | 交通安全対策の必要性を実感  »

2013年9月17日 (火)

「ハラール」について会議に出席

今日は連休が明けて秋晴れの1日となりました。
甚大な被害をもたらした台風18号、残念ながら死者そして行方不明者が出てしまいました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、一刻も早い行方不明者の救出を願うばかりです。また被害に遭われた方に対しては心からお見舞いを申し上げ、生活の再建が早期に出来るように願っています。
政府においては「激甚災害」への指定も検討されているとの事ですが、政治のリーダシップが求められています。

さて、今日は成田地区ホテル業協会に加盟するホテルの総支配人会議が開催され、「ハラール」への対応について依頼があり出席しました。
「ハラール」について県議会で質問した、みんなの党の水野文也県議からのお誘いによるものです。

「ハラール」とは、イスラム法で合法なもののことを言います。
最近では、イスラム圏の経済発展に伴い、食事や宿泊施設のムスリム(イスラム教徒)への対応が必要であるとの認識が広がり、成田地域でも国際空港の地元としてその関心が高まりつつあります。
また、政府の訪日外国人を増加させる政策や2020東京五輪・パラリンピックへ向けての準備についても「ハラール」対応の必要性が求められると考えています。

私としては、成田空港が世界の人々から選ばれる空港となるように努力すべきと常に考えている中で、この「ハラール」についても地元都市として特に宿泊施設等においては対応すべきと考えているところです。

とは言え私もまだまだ十分に理解をしている訳ではありませんので、引き続き理解を深めるように努力してまいりたいと思います。

|

« ボーイスカウト、ナリフェス2013に出席 | トップページ | 交通安全対策の必要性を実感  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハラール」について会議に出席:

« ボーイスカウト、ナリフェス2013に出席 | トップページ | 交通安全対策の必要性を実感  »