« 圏央道整備を進めなければなりません | トップページ | 本日議会報告を発行 »

2013年11月14日 (木)

宗吾酒々井線 通行止めが解除

今日は午前中に政策審議会に出席しました。明日も会派の議員総会と続き、11月27日に開会予定の定例議会が迫ってきたと感じています。

さて、政策審議会の中で、消防学校と防災センターの整備に関する進捗状況などが説明されました。
現在の消防学校が老朽化していることや、災害等への備えから防災センターを整備しようとするもので、検討が行われています。が、建設地の決定に難航し約2年遅れとなっています。
県内の自治体に建設候補地の照会を行ったところ、印西市、佐倉市、山武市、八街市から回答があり、市原市の県有地を含めて検討がされています。
これ以上の遅れを生じないようにするためには、年内には候補地選定の絞り込みが必要となりますので、有識者会議の内容などを含めて今後の動きに注視してまいりたいと思います。

2__千葉からの成田へ戻る途中、台風26号の豪雨によってがけ崩れが発生し、それに伴って通行止めとなっていた県道宗吾酒々井線が本日午前中から片側交互通行で開通したということで、現場の確認を行いました。

全面的開通までにはまだ期間を要することとなりそうですが、成田西部と酒々井・佐倉方面を結ぶ重要な道路であっただけに、片側交互通行とは言えまずは一安心です。
このほか同様に台風被害で通行止めであった他地域の2路線も本日開通となっています。
昨日も書いたように道路は重要な社会資本ですので、早期復旧にも全力で当たっていただくように要請したいと考えています。

|

« 圏央道整備を進めなければなりません | トップページ | 本日議会報告を発行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗吾酒々井線 通行止めが解除:

« 圏央道整備を進めなければなりません | トップページ | 本日議会報告を発行 »