« 「成木餅」と言う行事 | トップページ | 平成25年台風26号被害関連 »

2014年1月15日 (水)

スカイマークA380 最終組み立てへ そして成田-アディスアベバ線も期待

今日はいただいていた要望への対応、そして事務的な作業に時間を割かせていただき成田市内での活動となりました。
1月も今日で半分、あっという間の半月でした。徐々に2月議会の予算委員会の準備にも取りかかっていきたいと思います。

__ さて、成田空港に就航する国内航空会社の搭乗実績について先に触れたところですが、そのなかでスカイマーク社の搭乗率が他社に比べて低い事が気になっています。
成田と国内各地を結び、利便性を大きく向上させてくれたエアラインで、私自身もたびたび利用させていただいています。
今後の国際線の展開が予想され、大きな期待を寄せているところですが、スカイ社へ納入予定の総2階建ての大型旅客機A380 の垂直尾翼がハンブルグからエアバス工場のあるツールーズへ輸送されたという情報がありました。写真はネット上にあったものを転載させていただいています。
スカイ社のA380は、他社と比べ座席数が少ない仕様で、2階が全てビジネスクラス、1階も全てがプレミアムエコノミーで、400席を切ります。
ルフトハンザ航空の仕様では、526席ですのでその差が大きい事が解ります。
問題は値段設定で競合激しい路線だけに注目したいと思います。いずれにしてもスカイマーク社の国際線戦略に大いに注目すると共に、成田路線の充実を今後も応援したいと思います。

あともう一つ。安倍首相がエチオピアを訪問した際に、お互いの国を結ぶ航空路線の交渉があったとの事で、結果としてエチオピア側からは成田空港を含む複数の日本国内の空港への就航が可能となり、また日本の航空会社もアディスアベバ以外の空港への乗り入れが可能となる見通しのようです。
これにより成田とアディスアベバを結ぶ路線開設が期待されています。
私個人的にも今後アフリカ大陸の経済的な動きに注目すべきとの考えでありますので、成田とエチオピアを結ぶ路線開設に大きな期待をしたいと思います。

|

« 「成木餅」と言う行事 | トップページ | 平成25年台風26号被害関連 »

コメント

スカイマークの380のニュースはいい話題です。
しかし、国内線が苦戦し、成田の売りであった国際線も主力が羽田に奪われつつある現状では先行きは明るくはないです。
特に380の候補となっている路線は、既に成田より羽田の方が便数が多くなり、日系は成田便を廃止しているような路線です。
一番最初はニューヨークに投入とのことですが、ニューヨークも米国との協議が終われば真っ先に羽田便ができる路線です。

地元としても振興策をとれればいいですが、市長などは会合に呼ばれれば都合のいいことを言うだけで、自発的な動きは何もありません。
このような状況では成田の将来は先が見えています。

また、エチオピア路線もエチオピア側は悲願の路線ということもありとても素晴らしいニュースですが、羽田からの国際線が増えると、成田からの直行便よりも羽田から乗り継いで行くという旅客が増えると思われ、苦戦も予想されます。
JTBから4月以降の旅行パンフレットが届きましたが、ドイツのツアーはほぼ全て羽田発で、成田発は羽田に就航できなかったJAL便利用のツアーくらいしかありませんでした。

成人式も成田空港で行われたそうですが、春から羽田に多くの便がシフトし、ミュンヘン路線が奪われる成田空港で、将来に羽ばたけというのは壮絶な皮肉だと思います。

もっと成田の将来に危機感を持つべきです。

投稿: 地元民 | 2014年1月21日 (火) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイマークA380 最終組み立てへ そして成田-アディスアベバ線も期待:

« 「成木餅」と言う行事 | トップページ | 平成25年台風26号被害関連 »