« 千葉県シニア芸能大会へ | トップページ | 高濃度放射性物質を含む焼却灰処理の議論の現状 »

2014年1月 9日 (木)

開業医の高齢化問題

今日は日中のほとんどを会議と打ち合わせで過ごし、夜には地元成田市において印旛市郡医師会の新年会があり出席させていただきました。

医師会の新年会では、各病院の院長先生をはじめ開業されている先生方との意見交換をさせていただき有意義な時間でありました。
その中で、高齢化が進んでいる社会ですが「開業医も高齢化が進んでいる」というご指摘をいただきました。
開業したくても開業できない若手医師が多数いるということで、その大きな理由として経済的な問題であるとの事です。
そして、今後高齢化が進展していく中で、在宅医療をはじめとする医療サービスの提供を充実させるためにも各地域において適正な規模の数の開業医の存在が必要であるにもかかわらず、現状のまま推移すれば地域の発展そのものにも影響するという御指摘でした。
この意見については共感したところで、まさに「開業医の高齢化問題」への対応が必要となってきていると思います。

一方、各地域の拠点病院も充実させていかなければならない現実もあり、勤務医もしっかりと確保していかなければならず、医療界を取り巻く状況は高齢化社会が到来している中で様々な課題がある事を実感したところです。

多くの医師と様々な意見交換をさせていただき、有意義な時間でありました。

|

« 千葉県シニア芸能大会へ | トップページ | 高濃度放射性物質を含む焼却灰処理の議論の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開業医の高齢化問題:

« 千葉県シニア芸能大会へ | トップページ | 高濃度放射性物質を含む焼却灰処理の議論の現状 »