« 成田市成人式 成田国際空港内で初開催 | トップページ | 「成木餅」と言う行事 »

2014年1月13日 (月)

原発事故による避難生活者の方々と

今日は日中に、東日本大震災と福島第1原子力発電所の事故で、大きな影響を受けた福島県浪江町から千葉県内などに非難されている方々の新年会が成田市内で開催され、出席させていただきました。
近隣都県と比べて震災・原発事故による避難生活者の調査や支援が十分でない事を県議会で指摘させていただいたのがきっかけで、今回お声掛けいただいたものです。

今朝福島を出て、この新年会に出席された浪江町の役場職員からは、冒頭支援の現状などを含めたご挨拶がありましたが、その中で「明けましておめでとうございます」という問いかけに、出席者のほとんどが「おめでとうございます」と応えることはありませんでした。
未だにお正月でも心からお祝いが出来ていない現状を思い知ったところです。
徐々に補償の話なども進んでいるようですが、帰りたくても帰れない現実は私たちの想像をはるかに超えているものであると思います。
同じ国民として、出来る支援をこれからも続けなければならないとの思いを新たにしています。

その後、昨日に続いて地区の新年会に参加させていただき、色々なご意見を賜りました。
今後の政治活動の場で活かしてまいりたいと思います。

|

« 成田市成人式 成田国際空港内で初開催 | トップページ | 「成木餅」と言う行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故による避難生活者の方々と:

« 成田市成人式 成田国際空港内で初開催 | トップページ | 「成木餅」と言う行事 »