« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

代表質問が終わり個人の一般質問へ

週明けの議会は、午前中に共産党の代表質問、そして午後から個人の一般質問が始まり、自民党の佐野 彰議員、林 幹人議員、亀田郁夫議員が登壇しました。

佐野議員の質問の中では、羽田空港の騒音問題が取り上げられましたが、首都圏空港の機能強化で更に増便する案が示されている中、千葉市での更なる騒音増大は看過できないという趣旨のものでした。
既に国では東京都心上空への航空路の設定を検討していますが、時間帯やルートなど具体的な議論はこれからとなります。
千葉県としては成田空港を抱える立場として、成田空港の地位低下を防ぎ今後も首都圏の航空需要をしっかりと担える施設整備を行っていく必要性を訴えて行くと同時に、羽田空港に関する国の議論に注視して行く必要があります。

さて、今日はこの後、地元成田市内において夕食をとりながらの意見交換会となるため早めの更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

成田でコスプレイベント、そしてJC関東地区大会無事終了

1_2今日はまさにイベント日和。地元成田市でも各種のベントが開催されました。
私は、成田市商店会連合会主催の和装コスプレイベント「和かるっちゃ」のトークショウへ。
僅かな時間でしたが、日常の政治的話題とは打って変わるため少し緊張感をもって臨みました。
何しろ「コスプレ」という現代の文化に疎く、どのようなキャラクターが存在しているのかよくわかりません。が、林県議とともに成田の紹介を主とする話題であったため何とか終わる事が出来たという感じです。
海外の方々も多く見受けられ、興味深くカメラを手にしている姿が印象的でした。

2_2また、成田空港の第3滑走路建設を目指す署名活動も展開されていましたので、飛び入りでご協力させていただきました。
成田空港の地元として首都圏の航空需要を成田空港で担う用意があるという意志をしっかりと示す必要があります。
現在国では首都圏空港の機能強化について議論が展開されていますが、羽田に偏ることなく成田空港の存在感を示すためにも広く署名を集めたいと考えています。
この場をお借りして多くの方々のご理解をお願い申し上げます。

1夕方からは、日本青年会議所関東地区協議会の「第62回関東地区大会 千葉・NARITA大会」の式典へ。来賓として県からはに森田知事が出席されました。
成田山新勝寺の本堂前を舞台に素晴らしい式典であったと思います。
私も地元成田JCのOBの一人でもあるため、各日程が無事にそして成功裡に終わった事に安堵していますが、とにかくJCメンバーの熱い情熱を久しぶりに感じ、多くの刺激をいただきました。関係者の皆さんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

今日は運動会 来賓としてそして父親として

今日は思いのほか気温が上がらず、また午後からは特に風が強くなり、絶好の運動会日和とはいきませんでしたが、無事に各小学校の運動会が終了しました。

まずは子供の通う三里塚小学校での場所の確保。
校地も広いので問題なく場所を確保できますが、人気の場所は早朝から並ばないと取れません。
幸い我が家ではそこまでのリクエストがないのでありがたいです。

3そして父親としての役割を一旦終えてからは成田小学校の運動会へ。
伝統校としての雰囲気があり、また分離校の建設によってかつてよりは児童数が大幅に少なくなったとはいえ、700名を超える児童そしてその保護者が一同に会する運動会は素晴らしいものでした。
ゴールする前に次の組がどんどんスタートする、大規模校らしい手際の良さそして迫力も感じました。

4続いていは、本城小学校へ。
私の母校でもある三里塚小学校から分離した小学校で、成田市の中でも歴史的には新しい小学校ですが、地域の方々の支援も厚く、過去行われていた学区対抗の市民運動会でも常勝チームとして知られた小学校です。
現在ではその市民運動会も長い歴史に幕を閉じてしまいましたが、今日もその名残惜しさを語る地域の方々が多数出席され、当時のお話しをされていました。
地域と学校をつなぐ取り組みが重要であると改めて認識したところです。

5そして、再び地元の三里塚小学校へ。
既に午前中のプログラムも終わりに近づいていましたが、まずは来賓として受付し見学。
飛行機がすぐそばを離発着しする光景は、成田空港近接の小学校ならではの光景です。
午前中のプログラムが終わってからは、一人の父親として子供、妻と共にお弁当。楽しい時間を過ごす事が出来ました
午後からも一保護者として観戦し、我が家の子供だけでなく多くの児童が運動会で楽しみ、また真剣に競技に参加する姿を目の当たりにし、素晴らしい時間を過ごさせていただいたと感じています。
閉会式後の後片付けにも参加させていただきましたが、PTA役員をはじめ多くの保護者の皆さんが積極的にかつ手際良く作業されている様は、学校の運営に地域の協力が不可欠であるという事を身を持って再認識したところです。

一旦帰宅し、夕方からは成田市建設業災害対策協力会主催の福祉チャリティーコンサートに出席しました。
来賓の国会議員から地域の建設業の育成の必要性が訴えられていましたが、私も同感です。
いざという時の災害の発生時や、日常的な公共インフラの維持管理に多面的な協力が欠かせないと考えています。
今後も地元建設業協会の皆さんにもそのような認識のもと、ご理解を賜ってまいりたいと思います。

さて、ほぼ1日外出していたため世の中の大きな動きがわかりませんでしたが、岐阜県と長野県境の御嶽山が噴火し登山者などを中心に人的被害が発生しているとの事。
山小屋に取り残されてしまっている方もいるとの事ですので、一刻も早い救出を願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

地震・津波議連 石巻魚市場須能社長から貴重なお話し

2今日も県議会は代表質問。休憩中会議などを経て本会議終了後は、超党派で組織する「千葉県議会地震・津波対策議員連盟」の講演会に出席しました。
講師は、自ら震災を経験され現在も石巻で漁業の復興に尽力されている石巻魚市場株式会社代表取締役社長の須能邦雄氏。
これまでの経験など貴重なお話しをお伺いすると共に、震災後の行政や政治の対応に関する問題点や今後の課題など率直なご意見を賜りました。
1国、都道府県、市町村というシステムに関する現状の我が国の問題点も鋭くご指摘されてように思います。
須能社長が作られた相撲甚句風の「千葉県郷土の唄」をお聞きして、改めて千葉県の良さも実感させられたところです。

議会に関する日程を終えてからは、夕方から千葉市での議員との懇談会、そして地元での会議と続きました。

さて明日は小学校の運動会。我が家の子供たちも楽しみにしている様子でした。
雨も心配ないようですので、なるべく早く父親として駆け付けるように努力したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

県議会 代表質問が始まりました

今日から県議会は代表質問がはじまり、午前中に自民党、午後から民主党と続きました。
また、自民党内で制定を目指してきた「調理師による県民の食生活の向上に関する条例」が発議案として提案されました。
自民党の提案に対して他の6会派も賛同していることから、今議会内で可決する見込みです。

1本会議終了後は、「AED普及と実施率向上に向けた勉強会」に参加しました。
講師には、立川病院の病院長で慶応義塾大学医学部の客員教授を務められている三田村秀雄先生。
わかり易くAEDの有効性を説明いただき、広く市民レベルで意識を持つ事が求められている事を認識しました。
また、海外と比べても日本国内のAEDの設置は進んでいるとの事で、何よりも市民に広く理解され誰でもが使えるという事を認識して欲しいとの事でした。
私も消防団員としてAEDの講習を受けた事がありますが、「1度受けただけで実際に使えるだろうか?」との心配を持っていました。
しかし、1度でも講習を受けたり、あるいは講習を受けていなくても使えるという事を知っていただき、身近な生活の中でAEDが有効であるという事を認識しているだけで、いざという時の行動も異なるそうです。
今後、県民、市民の皆様に広く啓発して行く事の重要性を認識させていただいたところで、議会としてもその訴えを行っていくべきであると考えています。

23続いては、JR千葉駅前において質問初日恒例のちば自民党青年局・青年部による街頭活動。
今日は、広島市で発生した豪雨被害の被災者支援のための募金活動を行いました。
私もマイクを握らせていただき訴えさせていただきましたが、耳を傾けていただいた方、そして実際に募金をしていただいた方々に心から感謝申し上げます。

県議会は明日も代表質問が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

神戸の事件

今日は日中に打ち合わせ、要望の対応など。
夜には幕張のホテルで開催された、阿部紘一県議の議長就任と議員在職24周年をお祝いする会に出席させていただきました。
会場は入りきれない多くの人で溢れ、阿部議長のこれまで培ってきた各界各層の人脈と積み重ねた実績が表現されていたと思います。

その阿部議長のもと、県議会は明日から代表質問、そして個人の一般質問の日程に入ります。
暫くは議会に関係する日程を主として活動させていただきます。

さて、神戸で女児が行方不明となり最悪の事態となってしまった事件。
同じ年ごろの娘を持つ1人の親として、大きな衝撃と怒りを覚えます。
小学校へ入学して半年、楽しい学校生活を送っていたに違いありません。
しかし突然計り知れない恐怖を感じ、そして残虐に命を奪われてしまいました。保護者の気持ちを察すると表現できる言葉も見つかりません。
容疑者は、事件前から不審者としての認識がされていたとの報道もあり、未然に対処する術はなかったのかとの思いを抱かずにはいられません。

子供を狙った同様の事件が後を絶たない昨今、再発を防ぐ手立てがないものかと自問してしまいます。
今はとにかく犠牲となった女児のご冥福を衷心よりお祈りさせていただきます。
「天国で楽しく幸せな毎日を過ごせますように」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

お彼岸の中日

今日は秋分の日、そしてお彼岸の中日。
目立った行事等もなかったため、お墓参り、そして少ない時間でしたが長男の少年野球の練習風景も見学させていただきました。

日中には菩提寺の住職が訪れお経を唱えていただきましたが、小学校2年の娘が私の横で正座しその一部始終を不思議そうに見ていました。
お彼岸という日本の宗教的かつ伝統的行事を記憶にとどめてくれたかと思います。

さて、議会も本格的に始まります。
今回は一般質問の登壇はありませんので、他の議員の主張や政策提言にしっかりと耳を傾け広範な県政の現状について把握に努めて参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

教育関係者との意見交換に恵まれました

今日は午前中に告別式に参列。
その後、所用のため四街道、船橋市へ。
休日の合間であったせいか、一般道は若干混雑していたように思います。

夕方からは、中学校の校長先生をはじめ教育関係者の方との意見交換の場に恵まれました。
一般的にも認識されている教師の多忙すぎる勤務状況ですが、改めて細かく聞いてみると大きな問題として取り上げて行くべきとの思いを改めて感じました。
また、教育現場の現状の問題や課題、また部活動の指導者のお話など色々な点についても意見交換させていただきましたが、国民を教育し、国と地域の発展の原動力である人材の育成を直接担う「教師」という職業に対して、社会がもっと理解と尊敬の念を持つように環境づくりを行っていく必要があると強く感じました。
今後も学校現場にも足を運ばせていただきながら、常に課題等の把握に務めて参りたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

ボーイスカウト上進式・入隊式 そして海外人材の活用に関する意見交換

今日は午前中にボーイスカウト成田第1団の上進式と入隊式。
育成会長として出席しご挨拶させていただきました。
全国的にもスカウトの数は少ない状況が続いていて、成田第1団も同様の悩みを抱えています。
スポーツをはじめ多様な選択肢のある中ですが、ボーイスカウトの素晴らしい活動が引き続き広く理解されるように努力して参ります。
特に来年は成田第1団にとって50周年という節目でもありますので微力ながら応援して行く所存です。
ボーイスカウトの活動にご興味のある方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしております。

午後からは、今後の海外人材の活用について関係者と様々な意見交換をさせていただきました。
日本の社会を支える人材が不足し、今後各産業での人材確保が深刻な問題となりつつある中で、その対応を急ぐ必要があると考えています。
既に自治体レベルでも海外へ目を向けた政策が動き出す中で、私としてもしっかりと課題意識を持って取り組んで行きたいと考えているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

運動会など 雨の影響も

天気予報によれば「くもり」とばっかり思っていた今日でしたが、午前中から弱い雨がやみそうでやまず、運動会など行事に大きな影響が出ました。
折角の行事、予定の変更を余儀なくされたところも多かったようです。

1私は午前中に、まず豊住地区の大運動会へ。
小学校と地域の運動会を一体に行う運動会で地域住民の一体感を感じる素晴らしい行事です。
勿論主役は小学生58名ですが、各地区対抗の種目もあり大人も本気で臨むため今年も盛り上がりを見せてくれたようです。
児童に地域の大人の姿を身近に見せる素晴らしい行事であると思います。

そして聖徳大学附属成田幼稚園へ。
こちらは急きょ雨の影響を避けるため会場を幼稚園内に変更し、保護者やご家族を園舎に誘導して運動会が開催されました。
僅かな時間でその準備作業をし、多くの保護者への対応もしっかりと行うなどその対応力に感心させられたところです。
一部プログラムの変更も余儀なくされましたが、無事に運動会の開催ができたことが何よりであったと思います。

続いては、地元地区の小学校の運動会へ。
こちらもプログラムの変更を余儀なくされていました。
しかし、児童もご家族も一大イベントの運動会を楽しまれていたようで、所期の目的は十分に達せられていたようです。

2さて、昨日と今日の日程で開催された「ゆうあいピックソフトボール大会」。
午後から決勝が行われ、そして無事に表彰を行い閉会式まで全日程を終了することが出来ました。
ご協力いただいた方々などなど関係各位に心からの感謝を申し上げたいと思います。
今後も障害者福祉の向上にも尽力してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

ゆうあいピックソフトボール大会 主催者として

Img_2974Photo今日は、第29回ゆうあいピックソフトボール大会に出席。主催者としてご挨拶させていただきました。
現在、千葉県障害者ソフトボール協会の会長を仰せつかっています。
昨年は台風の影響で大会日程に大きな変更もあり苦慮したところですが、今年の初日は晴天に恵まれ多くのご来賓もお迎えして開会式を行う事が出来ました。
大会運営に当たっては、審判団や多くのボランティアの方々のご協力をいただいています。
初日の今日は千葉黎明高校のソフトボール部の皆さんもお手伝いをしてくれました。
大会へのご理解をいただき、多方面からご協力をいただいていることに心からの感謝を申しあげさせていただきました。

その後打ち合わせ、所用のため佐倉市へ、そして夜は久しぶりに友人と食事をしながらの意見交換会となりました。
明日は市内の小学校で運動会も予定されています。
天気予報では雨の心配が無くなったことが何よりの知らせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

議会初日、地元での「首都圏空港の機能強化」講演会など

本日、千葉県議会9月定例会が開会しました。
会議初日の今日は、本会議が約30分ほどで終了、その後は議員連盟や委員会、他様々な打ち合わせなどが活発に行われ議会開会を物語る光景でした。
私も本来であれば夜まで千葉市内でのスケジュールを予定していましたが、成田商工会議所で開催された運輸政策研究機構の「首都圏空港の機能強化」と題した講演会に出席させていただくため、一旦成田市に戻らせていただきました。

4この講演会の内容は、首都圏で伸びる航空需要を成田空港と羽田空港でどのように対応していくのかという調査結果の内、成田空港で主にその需要を担う場合の方策についての調査結果であり、新たな滑走路の建設の必要性やその配置と空港全体の施設配置の在り方などを示すものでした。
あくまでも運輸政策研究機構という団体の調査結果ではありますが、今後の議論に非常に参考になるものであると感じたところです。
運輸政務次官を務められた黒野氏のお話の中では、羽田の再国際化に至る経緯として以下のような内容がありました。

現在のD滑走路は当初困難であると考えられていた
    ↓
しかし、地元成田での更なる拡張は反対の声が多く国として困難と判断
    ↓
羽田において新たな滑走路を整備し対応するしかない

また、現在注目されている羽田空港の5本目の滑走路も4本目の整備よ更にハードルが高いとしながらも、他に選択肢がなければ「検討が加速される事となる」との認識が示され、成田の動向がカギとなる事を明確に示されていました。

今日の講演会には、空港関係者が多く参加していてその趣旨からも地元住民の姿は全く見られませんでしたが、現状を理解するために広く現状を認識してもらうための場を作る必要性を感じたところです。

夕方には再び千葉市内で開催された、県庁水道局の日本大学出身者で組織されている「桜水会」の総会と懇親会に出席させていただきました。

尚、本日は48回目の誕生日でした。
あっという間に月日が経過していきますが、決して時間的余裕がある年ではなくなってきています。そのような認識を持って政治活動にまい進して参りたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

外国人実習制度について意見交換、夜は成田ユネスコ協会祝賀会

今日は午前中に成田市役所、午後からはベトナム人の現地研修や受け入れなどを行っている企業の方との意見交換となりました。
国では既に、外国人実習制度の拡充を表明していますが、実際の動きがまだ見えてきません。
今日の意見交換の中では、現状の各業種における人材不足から、今後一気に動きが活発化するものと予想され、行政の取り組みも必要となるとの考えで一致したところです。
また、人口減少時代における地方都市の在り方や、移民の是非などについても意見交換させていただきました。
既に自治体レベルにおいても視点を海外に向けた取り組みを活発化しているところもあり、千葉県、成田市としてもそのような政策をしっかりと位置付ける必要があると考えています。

その後夕方まで打ち合わせが続き、夜には成田ユネスコ協会婦人部のお二人が教育功労者表彰を受けた事をお祝いする祝賀会に出席させていただきました。
成田ユネスコ協会の中心的存在である婦人部の活動には頭の下がる思いです。
引き続き国際空港の地元のユネスコ協会として、様々な分野で活動が展開されるものと思いますが、私としても微力ながらその活動に貢献できればと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

「日本の祭り in 成田 2014」でジンギスカンを出店

昨日は主だった予定がなかったため、家族と共に南房総へ出かけました。
数十年ぶりに鴨川市の「仁衛門島」へ。新日本百景に選ばれている名勝地です。
子供たちにとっては初めての地で、「ここが千葉県?」という言葉が出るほど普段の千葉県のイメージとはかけ離れたものであったようです。
この「仁衛門島」、平野仁衛門の所有で現在も第38代の当主がこの島に居住されています。
が、地元の方のお話しでは「38代続いた家系が途絶える危機に面している」との事。現在のところ後継ぎがいないのだそうです。
各地域で人口減が表面化している中、千葉県の名勝地「仁衛門島」でも深刻な問題があるようですが、千葉県の一層の観光振興のためにも県内各地の観光地整備に力を入れなければならないと感じた次第です。

12さて、今日は日中に党支部の活動、そして夜には月1回の消防団の定例打ち合わせに参加しました。
秋になり様々な行事が目白押しですが、その中で11月8日、9日に開催される「日本の祭り in 成田 2014」が開催され、設営される「ご当地グルメ屋台村」に有志を募りジンギスカン料理を出店する事となりました。
下総御料牧場のゆかりの地として三里塚地区に広く伝わってきたジンギスカンですが、その面影はほとんどなくなってしまっているのが現実です。
しかし、今でも花見の時期を中心にジンギスカンに舌鼓を打つ三里塚地区で、私たちの中では自家製の「たれ」をつくりその味も楽しんでいます。
場所の制約などもあるため、地元で行うようには出来ませんが全国から訪れる方々にジンギスカンの「発祥地」であるという自負をご理解いただけるように頑張って参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

成田市「赤坂ふれあいセンター」、「男女共同参画センター」開所

Photo今日は先週に続いて市内の中学校で体育祭が開催されました。
数日前まで天候が心配されましたが雨の心配もなく体育祭日和。
そんな中まずは、今年4月の成田市初の小中一貫校として誕生した「下総みどり学園」の第1回体育祭へ。
地区の4小学校が統合され、下総中学校の校地内へ新たな小学校を建設し、小中一貫校として新たな歴史を刻み始めたところです。
開会式では、1年生から4年生がまず入場、その後5年生から9年生が入場という段階を踏むなど様々な考慮が見られ、1年生から9年生という学年の大きな違いに配慮した運営がみられました。
また、聖火の点火というセレモニーもあり色々と創意工夫が感じられたところです。
地域コミュニティーの核である学校。地域の発展を担う「下総みどり学園」として発展していって欲しいと願っています。

Attachment1続いては、成田ニュータウン内の赤坂地区の商業施設「ボンベルタ」の空き店舗を活用して整備された「赤坂ふれあいセンター」、「男女共同参画センター」の開所式に出席しました。
長年「成田市老人福祉センター」の老朽化と狭隘化、そして交通の便が悪いなど多くのご意見があり、その再整備を要望する声が強くありました。
これに対して成田市では、様々な検討を行い今回オープンさせた施設を活用することを方針検定していました。
オープンまで様々な調整と検討もあったようで年月を要した形ですが、既存商業施設を活用した公共施設の整備は適切な判断であったと考えています。
この新たな施設が多くの高齢者の方々をはじめ、市民の各界各層から広く有効に活用されることを望んでいます。

2午後からは、母校でもある遠山中学校の体育祭へ。
懐かしいグランドで後輩たちの輝く姿を見させていただきました。
保護者の参観も年々増えているようで、地域に開かれた中学校として発展していることを嬉しく思いました。
私の同級生や当時の先輩後輩も親として参加していて、久しぶりに顔を合わせることが出来ました。30数年前の思い出話にも花を咲かせることが出来た体育祭です。

夕方からは地区後援会の方々と懇談会。
色々と貴重なご意見を賜りましたのでしっかりと活動に結び付けてまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

県の土木予算 ピーク時の3分の1以下

議会開会まで1週間となった今日、議会の招集が告示されました。
すでに準備が進んでいますが、いよいよ9月議会が始まるという雰囲気です。
県土整備常任委員長として初めて本格的に望む議会でもあるため、委員会の準備についてもしっかりと行ってまいりたいと思います。

さて、今日は経済。
ここの所急激に円安が進んでいます。
今日は6年ぶりとなる1ドル107円台まで円安が進みました。
そしてこの傾向を受けて株も上昇してきています。
かつての1ドル80円前後が当たり前のようになっていた時期には、今の円相場を想像するのは難しかったわけですが、経済の動きが非常に大きくなってきていると実感するものです。
今後さらにドルに対して円安が進むとも予想される中で、輸入も多い我が国の市場を考えると、国民生活にも様々な影響が出てくるため手放しに喜べるものでないことは言うまでもありません。
また、世界情勢も大きく影響することから、中東情勢や1週間後に迫ったスコットランドの独立についての住民投票などなど、日本にとっても海外での出来事について目が離せない状況にあると考えています。

あともう1点。
県土整備常任委員長として関係予算について調査させていただきました。
何と県民生活の重要なインフラの維持・整備を行う土木費は、平成5年がピークで約3,500億円。年々減少が続いて現在はその3分の1以下で平成26年度予算では約1,100億円にまで減少しています。
ところが県民のニーズは依然として多く、また老朽化したインフラへの再投資や維持管理費用も捻出しなければならず、厳しい財政状況にある事が浮き彫りとなっています。
今後も大きく増額を見込む事が困難な中で、インフラの整備手法とその在り方、県土全体のまちづくりの方針、そして住民との協働など抜本的に考え方を変えて行く必要性に迫られていると考えます。今後様々な視点で課題意識を持って議論して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

犯罪被害者支援センターの方と意見交換

夕方から都内及び千葉県北西部で猛烈な雨が降りました。
多くの個所で冠水などの被害が出た模様です。
季節の変わり目で本格的な秋を迎えつつある中、今後も予想できない大雨に警戒が必要です。

さて、今日は千葉犯罪被害者支援センターの方と意見交換させていただきました。
かねてより犯罪被害者の方々への支援と社会全体の理解を進めなければならないとの認識を持っていた私とすると、貴重なものでした。
しかし、一般的には支援の必要性は認識されていても、犯罪被害者の方々が社会の中で苦しい思いをしている現実が見えず、また具体的な支援が行き届かないという状況にあるようです。

加害者側は一定の権利を有しながら法律に則り罰せられますが、被害者に対しては事件・事故の表面から隠れてしまうという現実が多くあるのが現実で、生活への負の影響など計り知れないものがあります。
これに対して誰もが犯罪の被害者にもなる可能性がある中で、より一層の支援の輪を拡大する必要性を改めて認識させていただきました。
今後も犯罪被害者支援センターの活動を支援させていただこうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

市制施行60周年式典のご案内をいただきました

日本中が声援を送ったテニス全米オープン決勝。錦織選手は準優勝という結果でした。
日本人がテニスの4大大会で頂点に立つ現実を見られると期待していたところですが、その実現は今回はお預け。でも世界のトップクラスの中で勝ち進める実力も証明されました。
錦織選手には近いうちにまた、今回と同じように日本全体が一丸となって応援できる世界の舞台を期待したいです。

さて、今日は終日成田市内に留まり打ち合わせや事務作業を行わせていただきました。
日中には郵便物の整理を行いましたが、その中に「成田市制施行60周年記念式典」の案内がありました。
11月1日(土)10時から、成田国際文化会館にて記念式典が行われるとの事です。
50周年記念式典の記憶がまだ新しく思えるところで、10年の歳月の経過が実感としてわかないほどその移ろいが早く感じられます。
今後も過去10年同様に世の中が目まぐるしく動くものと予想し、政治的にも難しい舵取りも迫られる事となりますが、様々な課題の解決に向けてしっかりと取り組んで参る所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

多くの方との意見交換、そしてご助言を賜りました

今日は午前中に廃棄物処理を行っている企業からの要望、その後、千葉市内のホテルで開催された秋本まさとし代議士の政経セミナーに出席。
甘利経済再生担当大臣の講演を聞きたかったのですが、次の予定があり叶わず。

続いて、同じく千葉市内のホテルで流通関係を営む経営者との意見交換となりました。
内容の多くは、国や県が進める農林水産物の海外展開について。
現状の方向性では風呂敷が広がりすぎているため、県としてもっと政策を具体化して産品も絞るべきであるとのご意見でした。
約1時間半に亘り多くのご意見を賜るのと同時に、私の意見もぶつけさせていただきました。
内陸空港にあって広大な未利用地が残る成田国際空港。
空港間競争が厳しくなっている中で、空港本体機能の充実を図っていかなければなりませんが、他の空港には出来ない「成田らしさ」を作って行く必要があるとの意見で一致したところです。

夕方からは地元観光協会の会議。そして懇親会と続きました。
多くの方々と意見交換また御助言も頂いた今日1日ですが、より一層活発に動かなければならないとの思いを持ちました。

さて、日本中の話題は明日朝のテニス全米オープン決勝。
是非とも錦織選手に頂点に立ってもらいたいもjのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

各行事へ

今日はあいにくの雨。色々な行事に影響が出ましたが、午後からは徐々に雨も上がり、安堵したところです。

まずはやはりこの話題、テニスの全米オープン。錦織 圭選手が決勝進出を果たしてくれました。まさに快挙です。9日に行われる決勝で是非とも頂点に立って欲しいと更に期待が膨らみます。
やはりスポーツの話題は国と地域を元気にする、そう感じます。

さて、今日は午前中に酒々井町で開催された娘のピアノ発表会へ。
娘にとっては半年前から始めたピアノで初の発表会でしたので緊張したようです。しかし、私と妻もまた別の緊張感に襲われました。
実際には本当に僅かの時間で思えばあっという間でしたが、何よりも終わって安堵しています。

Photo_3Photo娘のピアノ発表を見届けてから宗吾霊堂へ。
御待夜祭の伝統である大法要「大般若六百巻転読大祈祷会」に参列しました。
義民 佐倉惣五郎様の御命日、9月3日の前夜に多くの人々が惣五郎様を偲んだとの事。そしてその後御霊を慰めようという事で始まった「御待夜」。
現在もなお宗吾の地には佐倉惣五郎様を偲ぶ方々が訪れるお祭りです。

13続いては成田市美郷台3丁目の納涼祭バーベキュー大会へ。
雨にもかかわらず役員の方々が午前中から準備し、予定通り開催されました。
雨でも中止にならない理由、それはこの行事が防災訓練も兼ねているからです。
住民の方々も傘を差しながら会場に足を運ばれていました。
雨の中でしたが所期の目的が十分に達成された今年のバーベキュー大会であったと思います。

2美郷台を後にしてからは、成田国際文化会館で開催された国際医療福祉大学の講演会に参加させていただきました。
会場には市内外より多くの方々が訪れ、関心の高さを感じたところです。
成田市公津の杜駅前に平成28年4月、2学部5学科で開設される予定の同大学。
既に建設工事が進みつつありますが、私の関心事は国際戦略特区の提案で成田市とこの大学が共同提案した「国際医療学園都市構想」。
今のところ具体的な動きがないところですが、早期に具体的な動きとなって目に見えてくる事を期待しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

今日から御待夜祭 宗吾霊堂

13今日は義民 佐倉惣五郎様を偲ぶ御待夜祭の初日。
合わせて開催される宗吾区の屋台出発式に来賓として出席させていただきました。
天気予報が気になっていましたが、初日の今日は予報が変わりお祭り日和でなにより。
日中から子供たちなど多くの引手が威勢良く屋台を引いていました。
この伝統のお祭りは明日まで開催され、宗吾霊堂は露店が多く出店し賑わいを見せてくれます。

3_2その後は、第14回を数える成田私立幼稚園協会主催の「親子ふれあいコンサート」へ。
ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉の生演奏が親子で聴ける素晴らしい催しです。
私も毎年楽しみにさせていただいていますが、来賓という立場を忘れ園児の皆さんとともにオーケストラを聴き入ってしまいました。

夜にはボーイスカウトの指導者の方々との懇親会。
予定を大幅に超え色々なお話をさせていただきました。
少子化の傾向もありスカウトの数も少ない状況が続いていますが、素晴らしい活動が続けられています。
私も育成会長という立場をいただき、県議会の「ボーイスカウト・ガールスカウト等振興議員連盟」にも所属していますので、今後も応援して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

台北市内路線バス10台に「チーバくん」ラッピング

今日は所属する自民党会派の議員総会に出席。
知事、副知事が出席し、9月18日開会の9月定例議会に上程する議案の概要などについて説明を受けました。
また、議員提案さ「調理師による県民の食生活の向上に関する条例」(案)が正式に示され、9月議会において発議案として提案する事が了承されました。
その後、議員定数等検討委員会に関する事が議題となり、新たに委員長が選任されました。来年4月の改選を見据えると、9月議会において一定の結論を見出す必要もあることから会派内の手続きも進んで行くものと思います。

さて、台湾台北市で「チーバくん」のラッピングバスを10月1日から3ヶ月間走らせる事が公表されました。台北市内の路線バス10台にラッピングを施し、「千葉」をPRするとの事です。
また、台北市で開催される日本の文化を広める目的で行われる「Tokyo Crazy Kawaii Taipei」というイベントにブースを出展し、プロモーション活動を行う予定との事です。
森田知事も10月には台湾を訪問し、トップセールスを行う予定で、「千葉」の魅力をアピールする事となっています。
成田国際空港の活用を促進するためにも、世界に目を向けた取り組みを今後も推進していかなければなりません。内向きではなく常に「ターゲットは世界」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

9月議会に向けて政策審議会

今日は所属する自民党会派の政策審議会が開催され、9月議会に上程される予定の議案などについての説明を受けました。毎議会開会のおおむね2週間前に開催される会議です。
今回は一般質問での登壇の予定はありませんが、次期の機会に向けて様々な政策課題を継続的に調査しています。

さて、自民党では議員提案の条例制定を積極的に行っています。
9月議会においても条例案1件を発議する予定で、その準備を整えつつあります。
また、2月議会において議員発議で提案して可決し、4月1日施行された「千葉県いじめ防止対策推進条例」を受けての行政の施策も補正予算が編成され具体的に動き出しました。
議員が自ら発議して条例の制定を目指す動きが活発化しつつあります。
私としても今後も議会の訴えが各施策として表れていくように条例案作成の過程に積極的に加わり、研鑽を積んでまいりたいと思います。

あと1点空港関連の話。
昨晩遅くに、「バージンアトランティック航空が来年1月末で成田から撤退」という情報が入りました。
今日のニュースで改めてその事実の詳細を確認しましたが、「日本からの撤退」との事です。
不採算路線の整理という事が理由のようですので、成田-ロンドン線が採算ベースに乗っていなかったという事だと思います。
すでに欧州のハブであるロンドンヒースローと成田を結ぶ路線は、JALとANAが今年の3月31日より羽田へシフトしています
残るバージンアトランティックとブリティッシュエアウェイズで成田-ロンドンが毎日結ばれていたわけですが、来年2月以降はブリティッシュエアウェイズ1社のみという事となります。
羽田空港の国際線2次増枠で、成田の欧州路線が軒並み減り、今回のバージンアトランティックの撤退でさらに乏しいネットワークとなってしまいます。
「アジアのハブ」として、成田空港の機能強化の議論を進めていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

LCC各社のお盆期間の利用実績

本日、第2次安倍内閣の改造が行われました。
自民党の役員人事にも変更があり、今後の様々な政策課題に新しい顔ぶれで臨む事となります。
国内外に課題が山積している中で、国政においてはしっかりと対応していただきたいと願っています。

さて、LCC各社のお盆の期間(8月8日~17日)の利用実績が出ました。
各社とも好調であり、LCCが身近な存在となりつつある事が伺えます。
現在成田国際空港を拠点にしているのがジェットスター・ジャパン(GK)とバニラエア(JW)、そして関西国際空港を拠点にしているのがピーチ・アビエーション(MM)。
この中でやはり地元として、成田国際空港拠点の2社「ジェットスター」と「バニラ」が気になりますが、数字は以下の通りです。

              利用率
ジェットスター(国内)   85.1%
バニラ(国内)               92.9%
バニラ(国際)               91.7%
ピーチ(国内)               88.7% 
ピーチ(国際)               89.4%

LCCの拡大によって早朝便を利用する旅客も増え、空港ターミナル内の夜間の光景が大きく変わりつつあります。
今回の内閣改造によって設けられた「地方創生担当大臣」。人口減少の時代に大都市政策と地方都市の政策をどのように両立していくのか、難しい舵取りも予想されますが、国内各地方都市も着実に発展し、それらの主要都市と成田空港のネットワークが今後も充実し結果として成田空港の利用が増大する事を願っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

成田市議会の動き

今日は、成田市議会で「議長不信任」という発議案が提出されるという動きがありました。提出者には議会の半数である15名が署名していたとの事です。
この慌ただしい動きに、時間の許す限りケーブルテレビまたは、インターネット中継を見させていただきました。
午前中は予定外の休憩が続き、午後1時から再開されたようです。
全てを確認する事は出来ませんでしたが、不信任案に反対する議員から提出者への質疑が次々と行われ、成田市議会の議場は過去にない様相を呈していました。

なぜこのような事態になったのか正確な所が把握できていません。
が、「議長不信任」という発議案の提案理由は、「議員定数削減の議案を議長が受理しないため」という事が主でした。
これに対して、「なぜ受理しないのか」について、今日の質疑から私なりに読み取って行くと、これまで議会内で議会改革を進める議論を行い、既に議会として確認した議論のスケジュールを逸脱して「議員定数削減案」を提出しようとした、また、「議員定数の削減」という大きな問題でありながら、議会内の各会派との調整などが行われていない中での議案提案は時期尚早という考えのようでした。

提案側としては、今の議会改革の議論のスケジュールでは来年4月が選挙という日程を考えると、「議員定数削減」について「議論する時間が無くなってしまう」と判断し、この9月議会で「議員定数削減案」を提案して公式な場で議論を行っていく必要性を訴えて議案の提案を行動したようです。

これ以上の内容は推測となってしまうため、この場での書き込みは控えたいと思います。いずれにしても今後の成田市議会の動向を注意深く見て行くしかありませんが、議長不信任案が「賛成多数」(賛成15、反対13)で可決した後も議長による議事進行が通常通りに何もなかったかのように行われていた事は、議会の機能が止まっていませんので安堵しています。
一般的にはこのような事態は混乱を招くものであり、その後の議案審議にも影響を与えるものですので。

さて、一気に秋本番に突入しそうな天候が続いています。
小中学校の運動会、体育祭のご案内も届き始め、秋本番の到来を感じた今日の日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

成田市国家戦略特区 市がアイディア募集

今日は午前中に打ち合わせなどを行い、午後から夕方まで成田市役所内で会議、打ち合わせを行いました。

1会議はまず、成田ユネスコ協会の理事会。
直近の行事について、また今後の予定などが確認されました。
そして来年創立40周年を迎えるという事で、記念事業と記念誌の作成について協議が行われました。
訪日外国人の増大が図られていく中で、国際空港の地元のユネスコ協会としてしっかりとその役割を自負しながら活動が続けられています。

32そして、「成田市国家戦略特別区域説明会」へ。
市役所6階の大会議室は企業、団体関係者など参加者が席をほぼ埋め尽くし、関心の高さを物語っていました。
成田市は、規制緩和の追加提案について民間からのアイディアを募集しています。
成田市の発展、そして日本の発展のために民間ならではのアイディアをお寄せいただきたいと思います。
尚、募集期間は、本日より9月30日(火)まで。

問い合わせ先
成田市企画政策課 国家戦略特区推進室
TEL 0476-20-1500 FAX 0476-24-1006
Email kikaku@city.narita.chiba.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »