« 成田市国家戦略特区 市がアイディア募集 | トップページ | LCC各社のお盆期間の利用実績 »

2014年9月 2日 (火)

成田市議会の動き

今日は、成田市議会で「議長不信任」という発議案が提出されるという動きがありました。提出者には議会の半数である15名が署名していたとの事です。
この慌ただしい動きに、時間の許す限りケーブルテレビまたは、インターネット中継を見させていただきました。
午前中は予定外の休憩が続き、午後1時から再開されたようです。
全てを確認する事は出来ませんでしたが、不信任案に反対する議員から提出者への質疑が次々と行われ、成田市議会の議場は過去にない様相を呈していました。

なぜこのような事態になったのか正確な所が把握できていません。
が、「議長不信任」という発議案の提案理由は、「議員定数削減の議案を議長が受理しないため」という事が主でした。
これに対して、「なぜ受理しないのか」について、今日の質疑から私なりに読み取って行くと、これまで議会内で議会改革を進める議論を行い、既に議会として確認した議論のスケジュールを逸脱して「議員定数削減案」を提出しようとした、また、「議員定数の削減」という大きな問題でありながら、議会内の各会派との調整などが行われていない中での議案提案は時期尚早という考えのようでした。

提案側としては、今の議会改革の議論のスケジュールでは来年4月が選挙という日程を考えると、「議員定数削減」について「議論する時間が無くなってしまう」と判断し、この9月議会で「議員定数削減案」を提案して公式な場で議論を行っていく必要性を訴えて議案の提案を行動したようです。

これ以上の内容は推測となってしまうため、この場での書き込みは控えたいと思います。いずれにしても今後の成田市議会の動向を注意深く見て行くしかありませんが、議長不信任案が「賛成多数」(賛成15、反対13)で可決した後も議長による議事進行が通常通りに何もなかったかのように行われていた事は、議会の機能が止まっていませんので安堵しています。
一般的にはこのような事態は混乱を招くものであり、その後の議案審議にも影響を与えるものですので。

さて、一気に秋本番に突入しそうな天候が続いています。
小中学校の運動会、体育祭のご案内も届き始め、秋本番の到来を感じた今日の日です。

|

« 成田市国家戦略特区 市がアイディア募集 | トップページ | LCC各社のお盆期間の利用実績 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田市議会の動き:

« 成田市国家戦略特区 市がアイディア募集 | トップページ | LCC各社のお盆期間の利用実績 »