« 犯罪被害者支援センターの方と意見交換 | トップページ | 成田市「赤坂ふれあいセンター」、「男女共同参画センター」開所 »

2014年9月11日 (木)

県の土木予算 ピーク時の3分の1以下

議会開会まで1週間となった今日、議会の招集が告示されました。
すでに準備が進んでいますが、いよいよ9月議会が始まるという雰囲気です。
県土整備常任委員長として初めて本格的に望む議会でもあるため、委員会の準備についてもしっかりと行ってまいりたいと思います。

さて、今日は経済。
ここの所急激に円安が進んでいます。
今日は6年ぶりとなる1ドル107円台まで円安が進みました。
そしてこの傾向を受けて株も上昇してきています。
かつての1ドル80円前後が当たり前のようになっていた時期には、今の円相場を想像するのは難しかったわけですが、経済の動きが非常に大きくなってきていると実感するものです。
今後さらにドルに対して円安が進むとも予想される中で、輸入も多い我が国の市場を考えると、国民生活にも様々な影響が出てくるため手放しに喜べるものでないことは言うまでもありません。
また、世界情勢も大きく影響することから、中東情勢や1週間後に迫ったスコットランドの独立についての住民投票などなど、日本にとっても海外での出来事について目が離せない状況にあると考えています。

あともう1点。
県土整備常任委員長として関係予算について調査させていただきました。
何と県民生活の重要なインフラの維持・整備を行う土木費は、平成5年がピークで約3,500億円。年々減少が続いて現在はその3分の1以下で平成26年度予算では約1,100億円にまで減少しています。
ところが県民のニーズは依然として多く、また老朽化したインフラへの再投資や維持管理費用も捻出しなければならず、厳しい財政状況にある事が浮き彫りとなっています。
今後も大きく増額を見込む事が困難な中で、インフラの整備手法とその在り方、県土全体のまちづくりの方針、そして住民との協働など抜本的に考え方を変えて行く必要性に迫られていると考えます。今後様々な視点で課題意識を持って議論して参りたいと思います。

|

« 犯罪被害者支援センターの方と意見交換 | トップページ | 成田市「赤坂ふれあいセンター」、「男女共同参画センター」開所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/60298477

この記事へのトラックバック一覧です: 県の土木予算 ピーク時の3分の1以下:

« 犯罪被害者支援センターの方と意見交換 | トップページ | 成田市「赤坂ふれあいセンター」、「男女共同参画センター」開所 »