« 議会が閉会 | トップページ | 土地改良区情報交換会 貴重なご意見を賜りました »

2014年10月16日 (木)

介護職の人材不足について

今日は、特別養護老人ホームの運営を中心に介護関連施設の運営を行っている社会福祉法人「六親会」の創立20周年記念事業に参加させていただきました。
法人の湯川理事長と婦人の湯川常務理事には日頃から介護現場の問題点や課題、そして今後の国、地方それぞれが取るべき政策などご教授いただいています。
特に最近では、特別養護老人ホームの待機者が多い現状から税金を投入して施設の増設が続けられているのに対して、慢性的な人材不足が発生し国内の労働者人口の減少も相まって既に稼働率を上げられない施設も散見されるなど深刻な問題になりつつあります。

このような状況に対して今後の方向性として国では、外国人技能実習制度を活用して介護職についても範囲を広げる方針を打ち出し、早くも来年度からその受け入れを行うという素早い対応を取ろう検討が急ピッチで行われている動きもあります。
私としても過去2回、県議会本会議において介護職の慢性的な不足と今後さらに深刻になると予想される人材確保の問題について取り上げ、執行部に対して取り組みの強化を促してきているところですが、千葉県が全国的にも厳しい状況にあるにもかかわらずその対応が遅いと感じています。
そして、今日も色々な方とお話しをさせていただき改めて問題の大きさを実感した次第です。

今後も様々な分野における問題や課題を認識するため、出来るい限り多くの方との交流に努め現場の状況の把握に努めて参りたい、そう実感した1日です。

|

« 議会が閉会 | トップページ | 土地改良区情報交換会 貴重なご意見を賜りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護職の人材不足について:

« 議会が閉会 | トップページ | 土地改良区情報交換会 貴重なご意見を賜りました »