« 世界サンボ選手権大会 NARITA2014 | トップページ | 菊花大会表彰式、その後要望箇所の現地調査 »

2014年11月22日 (土)

「よみがえれ泳げる印旛沼」 そんな思いを持っています

今日は午前中に法人役員を務める地元の保育園の引越し作業。
新園舎の完成で40年以上使用してきた園舎から必要な荷物を運び入れました。
保護者の方のご協力で大助かりといったところでしたが、来週26日以降新しい園舎での保育は慣れない中で不安も一杯のようです。

Img_2322さて、午後からは佐倉市ユーカリが丘のホテルで開催された公益財団方針 印旛沼環境基金の設立30周年記念式典へ。
全国湖沼水質順位で最近ではワースト1位を常に争う印旛沼。
まずはその現状を広く知っていただき、かつての「泳げる印旛沼」を目指したいと願っています。
個人的には、国内外の人々が行き交う成田国際空港とも至近であるなどから、より一層観光的活用が出来ないかとも考えます。
今ある日本の原風景も残しながら、貴重な水辺として整備促進を図るべき印旛沼であると考えていますので、近隣市町の関係者とも連携をしていきたいと思います。
Img_2325式典後には印旛沼周辺の小学生による作文発表もありました。
それを聞いて私たち大人が今の時代にしっかりと対策を講じて、子供たちに綺麗な印旛沼を引き継がなければならないとの思いも強くしたところです。
小学生が地元の印旛沼に対する強い思いをしっかり持っている事に改めて感銘を受けました。

Img_2332 成田市内に戻ってからは、第6回目となった成田市並木町1区のペットボトルツリー点灯式。
今年も大中小3つのツリーが綺麗に点灯しました。
子供たちの環境への意識も高まってくれればと願っています。

そして今日の最後は印旛地区ボーイスカウト関係者との懇親会。
少子化や社会の変化で各団ともスカウトの減少に悩んでいますが、情報を共有できた有意義な時間であったと思います。

明日も行事が続きますがしっかりと乗り切って参ります。

|

« 世界サンボ選手権大会 NARITA2014 | トップページ | 菊花大会表彰式、その後要望箇所の現地調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「よみがえれ泳げる印旛沼」 そんな思いを持っています:

« 世界サンボ選手権大会 NARITA2014 | トップページ | 菊花大会表彰式、その後要望箇所の現地調査 »