« 地元保育園の新園舎竣工式など | トップページ | 衆院選総選挙は”公示” ”告示”との違い »

2014年11月30日 (日)

先輩の宇野県議 県政報告会へ

今日で11月が終わり。毎週末のイベントなども多かったこの1ヶ月でしたが、衆院選の慌ただしさも加わってきてせわしなく過ぎた1ヶ月でした。
今年もいよいよ残り1ヶ月。今の慌ただしい状況が続きながら過ごす事となりそうですが、しっかりと乗り切って参りたいと思います。

さて、今日は所属する政策グループの先輩である宇野 裕県議(匝瑳市)の県政報告会に出席しました。
着席出来ないほどの方々が集まり、地元での強固な支援組織の存在を示していました。
更に、菅官房長官から直々のビデオメッセージもあり、その政治活動の幅の広さを改めて感じたところです。
多くの県議の同様の催しがこの秋から続いていましたが、衆院の選挙期間中に予定していたものは公選法に抵触する恐れがあるため全て延期となっています。
その意味では、急な衆院選となって様々な影響が出ているのも事実です。
しかし私としては、経済政策や安全保障の取り組みなど、これまでの結果と今後の方針について国民から審判を受けるべきタイミングとして間違っているとは考えていません。
いよいよ公示される衆院選については、自民党の勝利を目指してしっかりと活動させていただく所存です。

|

« 地元保育園の新園舎竣工式など | トップページ | 衆院選総選挙は”公示” ”告示”との違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/60741954

この記事へのトラックバック一覧です: 先輩の宇野県議 県政報告会へ:

« 地元保育園の新園舎竣工式など | トップページ | 衆院選総選挙は”公示” ”告示”との違い »