« 成田第3滑走路実現を求める署名 太田大臣へ提出 | トップページ | 本日より新任期 »

2015年4月29日 (水)

神崎町合併60周年 そして道の駅 発酵の里がオープン 

Img_3145今日は第30回を数える北総地区少年野球大会の開会式に出席しました。
新緑が輝く季節となり、選手にも素晴らしく輝くプレーを期待し、千葉県大会である千葉日報杯への4つの出場枠、そしてこの大会の頂点を目指して欲しい旨を述べました。
我が家の5年生の息子も地元チームに参加しています。
現状の野球のレベルは、どちらかというと「参加することに意義がある」という程度のものですが、学校や家庭で得ることのできない様々なことを体験し学んで欲しいと思っています。

Img_3149Fullsizerender続いては、国土交通省から全国重点道の駅に選定された 「道の駅 発酵の里こうざき」竣工式 、そして「神崎町町村合併合併60周年記念式典」に出席しました。
神崎町は、昭和30年4月に神崎町・米沢村が合併、昭和41年1月には向野地区が茨城県東村・河内村から千葉県に割譲され、神崎町に編入されました。
長い歴史の中で様々なことがありましたが、何といっても現在大きな期待が寄せられているのが、圏央道の神崎IC〜大栄JCTの開通。
開通日も6月7日に決定し、茨城や北関東、東北方面から成田空港や県内各地への北の玄関口となります。
今日の道の駅のオープンには多くの人が来場されたとのことですが、より一層の発展に期待が寄せられています。

神崎町から成田市内に戻り、下総地区にある別格官幣社の社格を持つ小御門神社春季例祭に出席しました。
地元小中一貫校の下総みどり学園の吹奏楽部の演奏も花を添え、その後は伝統と格式の高さを感じる神事が執り行われました。
今年も現職としてこの祭礼に来ることが出来たという思いも実感したところで、厳かな中身の引き締まる思いでした。

さてゴールデンウィークが始まりした。
私のスケジュールにも若干余裕が出るゴールデンウィークですので、家族との時間を持てるように調整したいと思います。

|

« 成田第3滑走路実現を求める署名 太田大臣へ提出 | トップページ | 本日より新任期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神崎町合併60周年 そして道の駅 発酵の里がオープン :

« 成田第3滑走路実現を求める署名 太田大臣へ提出 | トップページ | 本日より新任期 »