« 他選挙区の勝利に向けて | トップページ | 成田空港第3ターミナルオープン 施設の再配置も必要 »

2015年4月 7日 (火)

物流企業経営者との懇談 有意義なものでした

今日は地元の母校でもある三里塚小学校・遠山中学校の入学式に出席しました。
卒業式を終えてまだ間もない中ですが、新年度が始まり学校の雰囲気も大きく変わったように感じました。
新1年生の皆さんには、登下校時の交通事故に気を付けて毎日楽しく通ってほしいと願うとともに、特に中学生においては充実した日々を過ごしてほしいと思います。

夕方には成田市役所、事務所での打ち合わせ、そして夜には近く成田市へ本社を移転する計画の物流関係企業の経営者の方と親しく懇談させていただきました。
本社機能が地元に移ってくるということは歓迎すべきことであり、今後もさらに私の地元三里塚地区において事業の拡張が予定されているお話も進んでいるようで、本当にありがたく感じたところです。
様々なお話をさせていただきましたが、現在拡幅事業が進められている県道44号小見川鹿島港線について未完成であるため、物流関係の大型車両の通行を自主規制しているという内容がありました。
しかし、圏央道の工事が進みICが設置された場合には、交通量が一段と増すことは必至であり、遅滞している県道44号の拡幅事業をしっかりと進めていかなければ、大きな問題となるとの認識を新たにしたところです。
また、東側から成田空港へ入る現状のルートでは将来の交通に対応できないという心配も出てきているところで、県としての対応の必要性を訴えていかなければならないと考えています。

各界各層の方々からいただくお話は、日頃気が付かない視点からのご指摘もいただくため非常に有意義なものです。
今後も様々なご意見をしっかりと受け止めて、県政の場で課題解決に向けて活動させていただきます。

|

« 他選挙区の勝利に向けて | トップページ | 成田空港第3ターミナルオープン 施設の再配置も必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物流企業経営者との懇談 有意義なものでした:

« 他選挙区の勝利に向けて | トップページ | 成田空港第3ターミナルオープン 施設の再配置も必要 »