« いただいたご要望 着実に見える対応をしてまいります | トップページ | 統一選後半戦 成田市議会議員選挙告示 »

2015年4月17日 (金)

県議選 一票の格差について異議申し立てがありました

今日は日中に事務作業、そして久しぶりとなるロータリークラブの例会に出席。
メンバーの方々から「おめでとう」の声を多くいただきました。
午後からも事務所の引っ越しに備えた作業、役員を務める社会福祉法人の業務に追われた1日となりました。

夕方には1通のFAXを受信。その内容は、県市民オンブズマンの有志が千葉県選挙管理委員会に対し、先の千葉県議会議員選挙において一票の格差が2倍以上あった13の選挙区について選挙結果が無効であるとの異議申し立てを行ったとのことです。
この異議申し立てに対する今後の対応は、選挙管理委員会が行うこととなりますが、議会としても当事者として現状の定数・選挙区のあり方については議論を進めていかなければなりません
国会も含めて議員の身分など自らのことを決めることが中々出来ない議会の体質が指摘され、さらに本格的な人口減少時代に突入した現在、選挙区や定数に関する議論がしっかりと進められる仕組みを模索しなければならないと考える昨今です。
そして、地方分権が進んだ中で、将来の県行政と県議会の役割と政治的在り方なども含めた国全体の政治システムについて、本格的に議論を始めるべきとの思いも持っているところです。

やますが、公平公正で中立的な第3者機関などの提言を受けて議論するというのも一考ではないかと考える昨今です。あくまで私見です。

|

« いただいたご要望 着実に見える対応をしてまいります | トップページ | 統一選後半戦 成田市議会議員選挙告示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県議選 一票の格差について異議申し立てがありました:

« いただいたご要望 着実に見える対応をしてまいります | トップページ | 統一選後半戦 成田市議会議員選挙告示 »