« 各界各層の方との意見交換を大事にしてまいります | トップページ | 成田市遺族会総会など »

2015年5月19日 (火)

航空関係者との意見交換

今日は午前中にエアライン関係者との意見交換。
羽田空港の再国際化によって成田空港は大きな影響を受けましたが、今後の成田の動向に航空関係者は関心を寄せているとの事でした。と言うよりもむしろ成田空港の発展に期待しているということであり、各方面から注目されている第3滑走路の整備によって成田空港が世界と戦える環境が整い、航空会社としてもその方向性を指向していることが伺えたところです。
成田空港の機能拡充は、地域の発展のためにも空港周辺住民を含めて広く求められているところですが、着実に議論を進めるためにも丁寧な進め方をしていかなければならず、直接騒音の被害を受ける地域の生活環境と人口が流出するなど将来への不安がある現実など、実情を理解した上で政治、各行政が連携しそれぞれの役割を果たさなければならないと考えています。

さて、大阪都構想が否決され永田町にも大きな変化が出てきています。
すでに様々に報道されている通り、自民党としても維新の党の力を期待していただけに今回の住民投票の結果を受けてその対応に迫られています。
ただ、都構想が否決されるという事についての可能性があったため、「大慌て」という感じではないようです。
しかし、維新の党の今後の立ち位置にも変化が生じ国会運営にどのような影響が出てくるのか見えない部分もあると考えています。
各党とも来年の参議院選挙を既に睨みながらの動きとなり、千葉県選挙区における各党の候補者がどのような顔ぶれになるのか、維新の党の動きにも関心を寄せているところです。

|

« 各界各層の方との意見交換を大事にしてまいります | トップページ | 成田市遺族会総会など »

コメント

丁寧な説明とのことですが、国やNAAは丁寧な説明を心がけています。
弾力化も、やむを得ない場合ですので事後報告でもよかったところを、説明会まで開き理解を求めました。
これは丁寧な対応であったと思います。
空港の発展を阻害しているのは、本来ならば空港と住民の橋渡しをするべきである首長や議員の一部が現状を理解していないからです。
弾力化も必要性を理解し、住民へ理解を求めるべきところを、結論ありきなどと発言し一部住民の顔色をうかがっています。
現在成田は第三滑走路どころか、五輪前の発着枠拡大すらどうなるかわかりません。
これも、本来なら中心となって動くべき成田市長が否定的な発言を繰り返しているからです。

7月に成田市を除く周辺自治体の住民や商工会などで第三滑走路推進の新団体を設立するという話です。
成田の商工会などにも参加を呼び掛けているとのことですが、この中心となったのが元反対派ということです。
成田は住民団体の代表である元県議が消極的とのことですが、市長が役に立たないので地元が一丸となった団体が必要です。
是非成田も参加し、盛り上げていって欲しいです。

中国路線も羽田は一日12便の乗り入れが可能になり、成田の旅客増に貢献していた中国路線が減る可能性もあります。
成田は週14便しか認められなかったという話もあります。
首都圏以外の中国路線の拡大を見るとそれだけでは足りないことが明らかです。
発着枠を増やし、柔軟な配分を可能にすることが重要です。
是非とも役に立たない市長に代わり、地元を引っ張っていってください。

投稿: 地元民 | 2015年5月21日 (木) 01時35分

地元民さんが引っ張っていけばどうですか?情報、知識ありそうですし公の場で活動してみては?。匿名でしか発言できないのでしょうか??

投稿: 通りすがり民 | 2015年5月25日 (月) 16時22分

通りすがり様、ここで話している情報は容易に入手出来るものですし、地元の為に動いている人であれば前提知識として持っているべきものです。
現実でも、個人として出来ることはやらせてもらってますが、ネットでは完全匿名ではない程度の匿名性が調度いいのです。

投稿: 地元民 | 2015年6月 2日 (火) 23時40分

私もかねてから一度お会いしたいと書かせていただいてきましたが実現せず残念に思います。
知識など豊富で、ご指摘も沢山いただけるという事に関して、もっと顔の見える形で直接議論させていただく機会もあれば嬉しいところです。

投稿: 小池まさあき | 2015年6月 6日 (土) 14時59分

知識については、空港をなんとかしようと思っている人であれば当然理解している程度のものです。

説明会等で意見を言ったこともありますが、個別に話てもほとんど意味がないと思います。
弾力化の話が出た頃ですら、成田は安泰と考えている議員がいたくらいです。
一住民がいくら言ったところで伝わらないと思います。
逆に、元公団の総裁が同じようなことを言ったらすぐに伝わったようですが。

今までの経験上、実際に話したとしても残念な気持ちになることが多いです。
署名を決して多くはないと言われましたが、会った時にそういう話が出ていたらと思うと残念でなりません。
署名活動に参加し、周りにも協力を求めました。
中には意味があるのかという人もいましたが、必要性を説明して参加してもらいました。
商工会の人も、自治体が動かないから自分達がと頑張っていましたし、動いてくれてる議員の人の助けになればと説明している人もいました。
そうして集めた15万以上の署名は決して多くない数ではないはずです。

こういうことが多々あるので残念です。

投稿: 地元民 | 2015年6月19日 (金) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航空関係者との意見交換:

« 各界各層の方との意見交換を大事にしてまいります | トップページ | 成田市遺族会総会など »