« なでしこジャパン 是非ともW杯2連覇へ | トップページ | スカイタウン ホール・ギャラリーがオープン »

2015年7月 3日 (金)

6月定例議会が閉会 成田空港推進議連発足

6月定例議会最終日の今日は、午前中に議会運営委員会、午後から自民党会派の議員総会、そして定刻通り本会議が開かれ、提案されていた議案すべてを可決、また追加議案として上程された教育委員の同意についても賛成多数で可決しました。

本会議終了後は各種の議連等の会議、打ち合わせが夕方また続きました。
その中で、「成田空港推進議員連盟」が自民党内に発足。46人の議員が参加することが決定し、会長に東金市選出で現副議長である石橋清孝議員が就任することで決定ました。
私も組織の活動にお手伝いさせていただく立場となる予定です。
ただ、今回の議員連盟発足に際して、「羽田空港に関しての政策や騒音被害の問題についても活動に入れるべき」との意見が出され、羽田空港も含めた空港政策全体として取り組むべきとの意見も出されるなど、議連の活動の方向性そのものの議論となりました。
私としては、千葉県の政策の柱として成田国際空港の抱える様々な課題の解決と引き続き我が国最大の国際空港として世界との競争に耐えうる機能強化を目指すため議会も活動すべきと考えていたところで、羽田空港の騒音被害の問題に関する議論を同じ組織でどのように扱うのか難しい部分もあると考えていました。
しかし、多くの議員から羽田空港の利活用、そして騒音被害の軽減についても議論し活動して欲しいとの強い意見が大勢を占め、結局活動内容としてそれらも含めるという事となった次第です。
参加した46名の議員の多くに、「成田の重要性は分かるが羽田も大事」という今の千葉県の情勢が映し出されていた感を強く覚えました。
今後具体的な活動を展開する中で、様々な調整が必要となってくると感じたのが正直な気持ちですが、私としては、まずは議連の発足を第1歩として位置付け成田国際空港の発展を持って空港周辺地域のみならず千葉県全体の発展につながるように活動に参加していきたいと思います。

|

« なでしこジャパン 是非ともW杯2連覇へ | トップページ | スカイタウン ホール・ギャラリーがオープン »

コメント

成田空港は乗り継ぎ以外の利用者が全て千葉県に降り立つのでとても重要です。
一方で羽田の場合千葉県は周辺にあるその他の県の一つであり、成田空港が千葉県の外国人観光客増加に貢献しているのは外国人宿泊者数を見てもわかることです。
羽田がメインになると、東京−大阪のゴールデンルートの反対になってしまうので不利になります。
この辺りが理解出来てない議員がいるのは残念だと思います。
ただ、羽田が国際化したことで成田にも羽田にもということで千葉市などに物流拠点が出来、それで期待している人がいるのは確かです。
一番残念なのは、今まで日本の表玄関を独占し、企業なども抱え込んでいた成田周辺に危機感がないことです。
他の地域の議員達は成田の活用の場に羽田を捩込んできているのに、成田の地元議員はそれを阻止出来ないのは情けないです。
地元も県も纏められないとなると存在意義はなんでしょうか。

投稿: 地元民 | 2015年8月19日 (水) 01時05分

成田第3滑走路建設が動き出してきたわけですが、今後のスピード感が気になるところです。
新たな用地買収や騒音線引きなど大変な作業がありますので、相応の時間がかかることは間違いありません。
しかし、国、県、地元市町、NAAによる四者協議会において早期にその方針を確認し、具体的なスケジュールに移行して欲しいと考えてます。
航空局長の発言によって「第3滑走路は建設される」という安堵だけが広がらないように、引き続き成田の実情を理解した今後の活動が重要であると認識しています。

投稿: 小池まさあき | 2015年8月28日 (金) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月定例議会が閉会 成田空港推進議連発足:

« なでしこジャパン 是非ともW杯2連覇へ | トップページ | スカイタウン ホール・ギャラリーがオープン »