« 福祉関連の人材問題 | トップページ | エボラ疑いの患者 結果は陰性 »

2015年7月15日 (水)

印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会など

Img_3849Img_3851今日は午前中に「印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会」の総会が成田市内のホテルで開催され、来賓として出席しました。
常日頃より、印旛沼は貴重な財産であるとの認識を持っていますが、農業の振興にも寄与するためにも現在国営事業として進められている流域水質保全機能増進事業「印旛沼二期地区」を推進し、水質浄化にも鋭意取り組まなければなりません。
また、県としてもより一層事業の推進に尽力をしなければならないことは言うまでもありませんが、浄化に関する国、県の事業は十分に行われているとはいいがたいと考えています。
周辺自治体が問題や課題を共有し、今後とも事業の推進に努めなければならないと考えていますので、私も引き続き関係地域の議員と共に尽力してまいりたいと思います。

さて本日、国土交通省の有識者会議である「第3回首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」が開催されました。
国と関係自治体の長や航空会社が会しての会議であり、成田空港の将来を議論する場でもあります。
これまで羽田空港に関する議論に比重が置かれていた感もありますが、成田空港としてどのような内容であったのか調査しなければなりません。
現在のところ千葉県としては、成田空港の重要性は認識しているものの機能拡充の議論については本格的に始まっていないとも見える状況ですが、議論が本格化するこれから周辺自治体との連携のもと、県としてもその方向性を示すように行動していかなければならないと考えています。

|

« 福祉関連の人材問題 | トップページ | エボラ疑いの患者 結果は陰性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会など:

« 福祉関連の人材問題 | トップページ | エボラ疑いの患者 結果は陰性 »