« 公津フェスタは10月11日 変貌を遂げる京成公津の杜駅前で | トップページ | 今日は議会運営委員会 そして誕生日でした! »

2015年9月17日 (木)

成田空港に関する四者協議会 歴史的に大きな動きの始まり

今日は1日中雨が降り続きました。
国会は平和安全法制の委員会採決をめぐり大荒れとなりましたが、ようやく参院特別委員会で可決しました。
本会議での採決は明日以降となっていますが、引き続き混乱が予想されています。
この一連の国会内、そして国会周辺で繰り広げられている反対運動を見ると、戦後1951年に締結された日米安全保障条約から世界情勢の変化によって日本の自衛権が明文化された新たな日米安全保障条約の締結に関する反対運動、いわゆる「60年安保闘争」が浮かんできます。
当時も「戦争に巻き込まれる」、「再び戦争をする」などとの反対の声が大きく反対運動は大規模かつ過激なものとなったわけですが、我が国の防衛において現在も日米安保は基軸をなすものです。
そして、現在までも「悲惨な戦争を繰り返さない」という国民の総意があって平和が保たれています。
私は、日本の平和を堅持し領土領海と国民の生命財産を守るため、新たな時代へ向けての法整備は必要であるとの考え方です。

さて、今日は成田空港に関する四者協議会が開催されました。
いよいよ第3滑走路の建設を含む成田空港の機能強化についての具体的動きが始まり、成田空港にとって歴史的にも大きな動きとなってきています。
地元としては、地域の振興や騒音対策、落下物対策など取り組むべき課題が多いところですが、別に設けられるとされる組織体でしっかりと議論を進めて成田空港と地域がともに発展するように進むべきと考えています。

|

« 公津フェスタは10月11日 変貌を遂げる京成公津の杜駅前で | トップページ | 今日は議会運営委員会 そして誕生日でした! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港に関する四者協議会 歴史的に大きな動きの始まり:

« 公津フェスタは10月11日 変貌を遂げる京成公津の杜駅前で | トップページ | 今日は議会運営委員会 そして誕生日でした! »