« 成田市市民体育大会 空手道競技  | トップページ | 議会召集日 水素の利活用に関する研究会など »

2015年9月24日 (木)

「成田第3滑走路実現を目指す有志の会」設立へ

連休明けの今日は日中に事務作業、その後成田市役所、土木事務所にて打ち合わせ。

夕方からは、「成田第3滑走路実現を目指す有志の会」の設立総会に来賓として出席しました。
かつて反対運動に関わっていた方々が率先して空港の機能強化の必要性を唱え、第3滑走路建設の必要性を訴えている姿を見ると、全国そして世界にまでその激しさが伝わった「成田空港問題」が既に存在しないかのようにも思えます。
現実には、過去の問題が未だに引きずられ用地買収を筆頭に解決していない問題が存在しているのは事実ですが、閣議決定から49年、開港から37年を経過した今、成田空港を取り巻く状況は大きく変化したいえるものです。

既に先週開催された「成田空港に関する四者協議会」で、成田空港の機能強化策として第3滑走路の建設、B滑走路の延伸、夜間飛行制限の緩和について取り組む必要性が確認されました。
今後は、四者協議会において具体的な議論に入っていくものと思いますが、騒音や落下物に対する問題、そして地域振興、そして何よりも過去において強制的な手法はとらないとした用地買収のあり方などの議論も必要となってくるのではないかと想像しています。

ただ、今日の総会に出席して私は、地元の声として住民が先頭に立って第3滑走路建設を目指す会が設立されたということは、過去においては考えられなかったことであり、空港周辺市町が住民主体となって将来へ向けての具体的な努力を始めていく段階に入ったとも感じたところです。

|

« 成田市市民体育大会 空手道競技  | トップページ | 議会召集日 水素の利活用に関する研究会など »

コメント

はじめまして。横芝光町在住の森川忠と申します。成田空港第三滑走路早期実現に関してお伺いいたします。
私は現在、横芝光町商工会会長を仰せつかっております。成田商工会議所が中心になって、活動している「成田空港第三滑走路早期実現する会」には昨年四月より副会長として地元を中心に署名活動等を行ってきました。
また、小池県議も出席された「成田空港第三滑走路を実現する有志の会」にも参加させていただいています。空港とともに共栄を目指す直下の商工会長としては当然の事と考えています。また商工会理事会でも報告し参加の許可を得ています。

伺いたいのは、横芝光町町長と地元実川県議が両団体にも参加せず、なぜかネガティブになっていることです。四者協議でも地元自治体として会長が多古町、副会長が芝山町、山武市の首長が選ばれています。なぜ直下が想定される横芝光町の町長、県議が積極的に動かないのか不思議でなりません。

不躾ながら、ご所見等伺えれば幸いです。どうかよろしくお願いいたします。

投稿: 森川 忠 | 2015年11月 5日 (木) 09時38分

森川様
内容からして直接メールで返信させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 小池まさあき | 2015年12月 1日 (火) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「成田第3滑走路実現を目指す有志の会」設立へ:

« 成田市市民体育大会 空手道競技  | トップページ | 議会召集日 水素の利活用に関する研究会など »