« 大村氏ノーベル賞受賞の嬉しいニュース | トップページ | 一般質問日程終了  »

2015年10月 6日 (火)

2件の嬉しいニュース ノーベル賞と林代議士経産相内定

県議会は一般質問の日程が続いています。午前中に2人、午後から4人が登壇しました。
この中で信田光保議員(銚子市)から、成田空港の旅客ターミナル内に千葉県のアンテナショップを設けてはとの提案がありました。
これについては私も、千葉ブランドを国内外に発信する上でも有効であるとの思いを持ちました。
また、實川 隆議員(山武郡)が今年7月1日から9月30日まで行われた有料道路の無料開放の結果について尋ねましたが、交通量が何と3.4倍に増えたとの答弁でした。
国の交付金7億7千万円を活用して、東総有料道路、鴨川有料道路、千葉外房有料道路、九十九里有料道路、東金九十九里有料道路、利根かもめ大橋有料道路、銚子連絡道路の7路線を無料にしたわけですが、大きな効果があったことがわかります。
来年度以降も継続をとの声が強いこの事業、県内各地の地域振興にも寄与することから前向きな検討をして欲しいところです。

さて、2件の嬉しいニュース。
一つは昨日に続いて日本人のノーベル賞。
東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞しました。
日本中がその発表に沸いているように思います。
研究・開発分野で今後も日本が世界をリードできるようにその環境を作り上げていかなければならないと改めて思います。

もう一つは内閣改造。
正式な発表を待たなくてはなりませんが、地元である千葉10区選出の林 幹雄代議士が経済産業大臣に内定したとの事です。
前回の衆院選後から議院運営委員長の要職を務めていましたが、大臣となってより活躍が期待されるところだと思います。
特に、世界戦略を見据えた国全体の産業振興を進めてほしいと思いますが、地域経済の活性化にも尽力していただき、地元や千葉県の確実な発展にもつなげるように職務を果たしてほしいと期待が高まります。

|

« 大村氏ノーベル賞受賞の嬉しいニュース | トップページ | 一般質問日程終了  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2件の嬉しいニュース ノーベル賞と林代議士経産相内定:

« 大村氏ノーベル賞受賞の嬉しいニュース | トップページ | 一般質問日程終了  »