« 公津フェスタ 大学進出でさらに大きなイベントへ成長する予感 | トップページ | ユネスコを政治利用すべきでない »

2015年10月13日 (火)

「空き家バンク」 NPO理事長と意見交換

今週の県議会は各常任委員会の開催となり、環境生活警察常任委員会と農林水産常任委員会が開催されました。
尚、私所属する商工労働企業常任委員会は16日(金)に開催予定のため、議案の内容と委員会の所管する内容について質疑に値するものがあるか準備を進めているところです。
現在副委員長という立場で委員長を補佐しながら委員会運営に努める立場でもあるため、質疑内容については精査して臨みたいと思います。

さて、今日の日中に「成田空き家バンク」というNPO法人を設立されたということで、そのNPOの理事長さんと意見交換しました。
ここ数年「空き家」の問題は社会問題化しつつあり、行政も積極的に対策に乗り出している事実や民間でも「空き家バンク」を設立するなどの動きが活発化しつつあります。
今後都市部においてもこの問題が更に深刻化してくるものと思いますが、人口減少に直面していない成田市内では未だ深刻な問題として扱われていない中で、確実に問題が顕在化してくるということと、市内の格差の広がりを考えると農村部の空き家の活用を進めて地域の振興にもつなげるべきとの意見で一致したところです。
特に訪日外国人が増加している中で、体験型の観光にも利用できるなどいろいろなアイディアが出てくるものと思います。
また、これまで空港周辺の騒音地域で数多くの伝統的な家屋が移転のため取り壊されましたが、今後は様々な視点からの議論も必要となってくるのではないかと感じたところで、「成田空き家バンク」の活動にも微力ながら協力してまいりたいと思います。

|

« 公津フェスタ 大学進出でさらに大きなイベントへ成長する予感 | トップページ | ユネスコを政治利用すべきでない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「空き家バンク」 NPO理事長と意見交換:

« 公津フェスタ 大学進出でさらに大きなイベントへ成長する予感 | トップページ | ユネスコを政治利用すべきでない »