« 幕張メッセ オリンピックに伴う使用制限について | トップページ | 古典の日朗読コンサートは今年で3回目 »

2015年10月16日 (金)

鋸南開発問題を議論

今日は所属の商工労働企業常任委員会が開催されました。
午前中は企業庁関連、午後からは商工労働部に関する議案と所管の内容についての質疑が行われましたが、鋸南町で行われた砕石採取事業の埋め立て許可の変更についての質疑が多く行われました。
これは鋸南開発株式会社の砕石採取事業で、採掘穴の埋め立てに汚染土壌を使用するという変更について県が「軽微な変更」としてそれを認めたため、住民の8割、町長、町議会も反対の声を上げている問題です。
県の判断は法律に則り行われたものですが、町としてはその変更を認めるわけにはいかないと反対運動が広がってきています。
自民党としても法律にのっとっているとは言え、住民の多くが不安を抱えるまま汚染土壌を使用した採取穴の埋戻しを行うことには賛意を持っていません。
そのため引き続き調査を行い県当局に対してもその対応を要請していかなければならないと考えています。
特に南房総を始め千葉県では他にも同様の事業が進められる可能性もあることから、県民の立場に立った判断を行い、行政に対しても間違いのない判断を下して欲しいと願っているところです。

|

« 幕張メッセ オリンピックに伴う使用制限について | トップページ | 古典の日朗読コンサートは今年で3回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋸南開発問題を議論:

« 幕張メッセ オリンピックに伴う使用制限について | トップページ | 古典の日朗読コンサートは今年で3回目 »