« 「空き家バンク」 NPO理事長と意見交換 | トップページ | 幕張メッセ オリンピックに伴う使用制限について »

2015年10月15日 (木)

ユネスコを政治利用すべきでない

Fullsizerender今日は日中に成田ユネスコ協会の40周年記念事業実行委員会に出席しました。
理事を仰せつかっていながら会議も欠席がちで申し訳なくも思っているところですが、40周年という節目の事業についてはできる限り協力をしていきたいと思っています。
会議の中で具体的な事業の内容がありましたが、異文化理解講演会として講師にイギリス人のバイリンガル落語家「ダイアン吉日」師匠をお迎えするとの事です。
入場は無料です。多くの方にご参加いただきたいと願っています。
なお申し込みは10/26(月)までに成田市生涯学習課内の成田ユネスコ協会事務局(0476-20-1683)へ。

さて、ユネスコに関しては、中国が申請した内容を世界記憶遺産に登録したことを受けて、日本のユネスコへの分担金を削減または停止すべきとの声が国政の中で上がっています。
ユネスコに対して最大の負担国であるアメリカがパレスチナ問題を発端に分担金の支払いを停止中のため、10.83%という日本の分担金は現在のところ加盟国中最大です。
かつてユネスコが政治利用された時代があり、西側諸国が脱退する中で日本は、様々な議論の末ユネスコにとどまったという経緯もありますが、国際社会で中国の台頭が著しい現状で再び政治的な思惑が交錯した難しい局面となってきていると感じています。
私自身、今回世界記憶遺産に登録された中国の申請内容の全てを受け入れることはできず今回の登録は残念でなりませんが、ユネスコの政治的な利用は避けるべきと考えています。

午後からは根木名川土地改良区の総代会に出席。夕方からは総代や工区長の皆さんとの情報交換会にも出席させていただきました。
県としても今年度力を入れた飼料用米への転作は、昨年度1,159haから今年度3,979haへと大きく伸びました。
また、農地を担い手に集積するためにはじまった農地中間管理事業も、昨年度わずか21.2haであったものが今年度8月末現在で84.5haと増えています。
更に私の地元成田市内でもこの中間管理事業が進み、今年度更に貸出面積は大幅に増えてくるものと思います。
TPPの合意内容が今後様々に影響してくると考えていますが、日本の農業の基本である米作りをしっかりと支援するように今後も活動していかなければならないとの思いを持っていますので、引き続き農家の皆さんとの意見交換の場を大事にしていきたいと思います。

|

« 「空き家バンク」 NPO理事長と意見交換 | トップページ | 幕張メッセ オリンピックに伴う使用制限について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユネスコを政治利用すべきでない:

« 「空き家バンク」 NPO理事長と意見交換 | トップページ | 幕張メッセ オリンピックに伴う使用制限について »