« 成田市では日本一遅い出初式 | トップページ | 議会運営委員会 一般質問の日程も決定 »

2016年2月 9日 (火)

成田空港のネットワークに関する申入書を提出

Securedownload2Securedownload1昨日は日米航空交渉を控え、県議会自民党の議員で組織する成田国際空港推進議員連盟として「成田国際空港の国際線ネットワークに関する申入書」を国土交通省にて大臣あてに提出し、その後国会議員で組織する成田国際空港推進議員連盟の役員と千葉県選出の議員の事務所へも文書を持って要望しました。
午後からは、千葉県と成田空港圏自治体連絡協議会も同様の申し入れを国土交通省に対して行っています。

これは、次期日米航空交渉で新たに羽田空港とアメリカの各都市とを結ぶ路線が昼間時間帯に設けられることが事前に漏れ伝わり、成田空港の便が廃止や減便される恐れを抱いているもので、特に今後、羽田空港の機能強化によって増枠が予定されている年間3万9千回の発着枠についても、その多くが国際線に振り分けられると想定される中で、成田空港の持つネットワークに影響を及ぼすことのないような配慮を求めたものです。
折しも急きょ今日からの開催が予定されていた日米航空交渉は、アメリカ側の都合により延期となりましたが、今後とも羽田空港の国際線発着枠をめぐっては成田空港にも多く影響を与えることからしっかりと対応していきたいと思います。

世界の国々との激しい競争に挑むためにも首都圏空港の機能強化は進めなければならず、羽田空港もその役割を強化しなければならないことを理解する一方で、第3滑走路建設を含めた成田空港の機能強化の議論が具体的に開始された現段階において、地域に不安を与えるような変更は好ましくありません。
当然に成田空港としても航空会社や利用者にとって使い勝手の良い環境となるように常に対応していかなければならないとも認識しているところであり、県政の場でその努力を惜しまずにしていきたいと考えています。

Img_1163午後からは、児童虐待防止対策プロジェクトチームの視察に合流。
空港関係の申し入れを急きょ行ったため遅れての参加となりましたが、今日は朝から「大阪市子ども相談センター」、その後は大阪府庁での「子どもを虐待から守る条例」について視察、担当の職員の方々と貴重な意見交換を行う事が出来ました。
ちば自民党としても議員提案による条例化に向けて具体的な作業に入ってきているところで、プロジェクトチームの一員としてその役割を果たしてまいりたいと思います。

|

« 成田市では日本一遅い出初式 | トップページ | 議会運営委員会 一般質問の日程も決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港のネットワークに関する申入書を提出:

« 成田市では日本一遅い出初式 | トップページ | 議会運営委員会 一般質問の日程も決定 »