« 新設の医学部へ35億円の補助 | トップページ | 住民のご意見に耳を傾けた夜でした »

2016年2月 5日 (金)

日米航空交渉を控えて 成田空港のネットワーク維持を求める

今日は午前中から夕方まで県庁にて議会の準備に時間を割きました。
一般質問の準備がほとんどですが、多くの内容となっているため担当課への聞き取りにも時間を要しています。
来週も視察があるなど時間に余裕がない中ですが、少しずつ着実に作業を進めるよう努力して参りたいと思います。

さて、来週に開催される日米航空交渉ですが、羽田空港からアメリカ本土への便が認められる見通しです。
今後さらに羽田空港において発着枠の拡大が見込まれることから、成田空港のネットワークが崩れることのないように国土交通大臣に対して千葉県知事名と成田空港周辺市町の首長名で申し入れが行われることとなりました。
また、県議会自民党会派内で組織する成田空港推進議員連盟としても県や周辺市町の動きに先立ち、急きょ8日(月)の午前中に国土交通省と成田空港推進議員盟に所属する各国会議員の事務所を訪ねて、成田空港のネットワークの維持と第3滑走路建設を含めた機能強化の議論に影響を与えないように配慮を求める申し入れを行うこととしました。

これらの調整などに慌ただしく追われた今日の1日ですが、地元の事務所に戻りようやく一息つきながらこのブログを更新しています。

|

« 新設の医学部へ35億円の補助 | トップページ | 住民のご意見に耳を傾けた夜でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米航空交渉を控えて 成田空港のネットワーク維持を求める:

« 新設の医学部へ35億円の補助 | トップページ | 住民のご意見に耳を傾けた夜でした »