« 日米航空交渉合意 成田は機能強化を着実に進める事が重要 | トップページ | お茶会にて素晴らしいひと時を過ごさせていただきました »

2016年2月19日 (金)

日米航空交渉合意 成田空港として

今日は午前中に打ち合わせ、午後からは県庁にて一般質問の準備に時間を充てさせていただきました。

各紙新聞で昨日合意した日米航空交渉が取り上げられ、新たに昼間時間帯に羽田空港からアメリカを結ぶ便が設定されることになることを歓迎している一方で、成田空港への影響も避けられないという内容が目につきました。
このブログ上でもこれまで何度も取り上げてきた内容ですが、成田空港とアメリカ東海岸の主要都市を結ぶ路線をはじめとして運休、減便される可能性は高いとみています。

因みにかつて日本航空JALは、日本で初めての商用飛行を行ったサンフランシスコを結ぶ記念すべき”JAL001”便を羽田空港の国際線枠増強の際に成田空港から撤退させたという経緯があります。
個人的にはJAL001便という日本の国際線の象徴の成田からの撤退は当時非常に残念に思いましたが、もともと日本で初めて羽田空港から飛んだという意味ではこれも仕方ないのかと一部理解をしたことを思い出します。

現在のダイヤで成田空港とアメリカ東海岸の主要都市へは航空各社が1日当たり以下の通り結んでいます
ニューヨークへ 6便 
ワシントンへ   2便
シカゴへ     5便
当然そのほかの路線も注視しなければならず、都心上空ルートの設定により2020年までに更に1日50便以上の国際線枠が設けられる羽田空港に対して、成田空港としては、第3滑走路建設を含めた機能強化を着実に進め、合わせて鉄道アクセスと圏央道や北千葉道路の幹線道路網の整備を具体的に進め、将来にわたって発展するということを示す必要が今まさに求めらています。

|

« 日米航空交渉合意 成田は機能強化を着実に進める事が重要 | トップページ | お茶会にて素晴らしいひと時を過ごさせていただきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米航空交渉合意 成田空港として:

« 日米航空交渉合意 成田は機能強化を着実に進める事が重要 | トップページ | お茶会にて素晴らしいひと時を過ごさせていただきました »