« 成田空港新ヘリパッド 本格運用へ | トップページ | 母校卒業式、そしてジンギスカンまつり »

2016年3月11日 (金)

東日本大震災から5年 

今日で東日本大震災から5年となりました。
千葉県で甚大な被害を受けた旭市では、毎年3月11日に県と旭市合同で追悼式が開催されています。
県議会にはじめて議席をいただいたのが震災直後の2011年4月ということで、毎年3月11日が来ると当時の記憶が鮮明によみがえり忘れることが出来ないため、この追悼式には必ず参列するように心がけています。

ここ数日、報道でも被災地の震災から現状までを特集する番組や記事が多くありましたが、未だに復興が半ばであることも理解しておかなければなりません。

Fullsizerender_2Fullsizerenderさて、東日本大震災に関する書籍が多く発行されていますが、この度震災5年となり常日頃からご指導いただいている愛葉常二氏こと前田喜久夫氏からお声がけいただき、同氏の著書「被災地のこころと向き合って」に小泉市長と共に筆者と私の対談を掲載していただきました。
震災後からの前田氏の活動に共鳴してきたところで、これまで防災に対する意見交換などもさせていただいてきたところです。
今回原稿を書くにあたって、当時を振り返りながらまた、改めて今何をすべきかなど考えさせられる機会ともなりました。

多くの人の心の中で記憶が薄れつつある昨今ですが、政治に携わる身として震災を風化させることのない努力も続けていきたいと決意を新たにしているところです。

|

« 成田空港新ヘリパッド 本格運用へ | トップページ | 母校卒業式、そしてジンギスカンまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から5年 :

« 成田空港新ヘリパッド 本格運用へ | トップページ | 母校卒業式、そしてジンギスカンまつり »