« 熊本の地震 被害が最小限でありますように | トップページ | 熊本の「本震」 »

2016年4月15日 (金)

熊本地震の速報について

熊本の地震の被害状況が徐々に明らかになってきています。
残念ながら今現在死者9名という報道で、負傷された方も多数に上っているなど人的被害も大きなものとなりました。
また、益城町を中心に建物の損壊があり不自由な生活を余儀なくされている方々も多く存在している事実もあります。
国及び熊本県においては、全力を挙げて被災住民の方々に対して救援と生活支援を行ってほしいと願うものです。
一つ心配なのが熊本城が大きな被害を受けた映像から察すると、観光など地元経済への影響があります。
今後それらを含めた支援と対策がしっかりと講じられるように望むと共に、被災地から離れた場所にいる私達でもできる支援を行わなければならないと考えます。
この場を借りてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々に対して心からお見舞い申し上げます。

さて今回の地震、その規模マグニチュードは6.5と公表され過去の大地震と比べると大規模なものとは言えませんが、震源が内陸で浅かったことで局所的に地盤との相性などから最大震度7を記録することとなったと推察しています。
地震波形も今後明らかにされると思いますが、学生時代、地震による建物への影響について学んだ身として興味のある今回の地震です。

Img_1565Img_1576さて今日は、午前中に台方麻賀多神社のお田植祭に出席しました。
毎年出席している高齢の行事ですが何故か風が強い日に当たる行事です。
今日も印旛沼方面から北風が強く吹き付け、神事の際に玉串が飛ばされるのを常に抑えていなければならないほどでしたが、今年の五穀豊穣を祈願し無事に祭事が滞りなく執り行われました。
TPPによる農業への影響が危惧される中ですが、地元の振興のためにも農政問題にしっかりと向き合い活動していきたいとの思いを持ちながら稲を植えさせていただきました。

その後もスケジュールに追われた1日でしたが、日中にロータリークラブの例会にて、デルタ航空の方からお話を聞く機会がありました。
日米航空協議でもその存在感を示したデルタ航空ですが、成田空港としては開港以来同社が拠点化しているためその存在は非常に大きなものがあります。
今後も太平洋路線やアジア路線などその維持と拡充を求めていきたいところですが、やはり羽田空港の国際線充実がその方向性を明確にできない要因でもあるようです。
ご指摘いただいたのは、

  • 成田空港の都心とのアクセスを強化する必要があること
  • 成田空港の将来の戦略が世界的に発信されていないこと

これについて私としては理解しているところですが、改めて世界にネットワークを持つ航空会社の立場でそれを明確に指摘されたことで、現状の成田空港が大きな岐路に立っているというある種の危機感を改めて強く抱いたところです。
そのような思いからも引き続き成田空港の機能強化が着実に進むように県議会の場から活動を行ってまいりたいと思います。

|

« 熊本の地震 被害が最小限でありますように | トップページ | 熊本の「本震」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震の速報について:

« 熊本の地震 被害が最小限でありますように | トップページ | 熊本の「本震」 »