« 舛添知事辞任 関心は一気に都知事選挙へ | トップページ | 後援会の方々と »

2016年6月16日 (木)

商工労働企業常任委員会に臨みました

今日は所属の商工労働企業常任委員会が開催されました。
議会閉会日には正副議長や常任委員会でも委員の入れ替えがあるため、副委員長としての役職も今日が最後でした。
議案は2議案と少なかったのですが、午前中の企業管理局、そしてその後の商工労働部が所掌する内容について多くの質疑があり、結果的には午後3時を超えて閉会となりました。
質疑について企業管理局では、甘利 明 衆院議員が経済再生担当大臣を辞職することとなった関連のURに委託している事業の件や、幕張メッセに関すること、また商工労働部では、県内経済の現状や中小企業をはじめとする経済対策、また観光への取り組みなどなど多岐にわたる質疑が行われました。
今のところ引き続きこの委員会に留まる予定ですので、千葉県の力強い成長のために尽力してまいりたいと思います。

夜には県庁内の職員で日本大学出身者で組織する3団体の役員と、日本大学出身の議員との懇談会に出席しました。
県議会95名の中で日本大学出身者は10名に上ります。
そして今日は初めての試みとなった懇談会でしたが、党派を超えて有意義な時間であったと思います。

さて、地元成田市議会では建設工事の請負契約が委員会で否決すべきものと決したとの事。
成田市議会の歴史の中で議案の否決は、過去において合併に関する議案1件のみと記憶しています。
最終的には本会議での採決となりますが、その動向が注目されているところです。

|

« 舛添知事辞任 関心は一気に都知事選挙へ | トップページ | 後援会の方々と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商工労働企業常任委員会に臨みました:

« 舛添知事辞任 関心は一気に都知事選挙へ | トップページ | 後援会の方々と »