« 成田祇園祭最終日が終わり日常へ | トップページ | 市庁舎爆破予告 許しがたい脅迫 »

2016年7月11日 (月)

海外人材の活用を拡大すべき

FullsizerenderImg_2040今日は、フィリピンマニラで人材の育成を行い日本への送り出しを行っている企業の経営者にお会いして、現状の日本の就労人口減少の問題について意見交換し、その対応について議論をさせていただきました。
フィリピンという国は人材の輸出が産業の柱です。
その中で、日本という市場が世界においては決して魅力的ではなくなっているということを改めて感じました。
特に外国人技能実習制度の職種拡大など議論が進められてきましたが、政府においては制度改正の具体的決定が先送りされた状態になっています。
しかしアジア諸国をはじめ、経済成長著しい各国で様々な取り組みが実施され、人材獲得合戦ともいえる様相が展開されつつあります。

私としては、人口減少に直面し国内各企業が海外展開を一層余儀なくされてきている中で、国内の市場を一定の規模で維持するためにも、海外の人材受け入れは拡大すべきとの考えを持っています。
これには、当然にその”質”の確保も重要であるため、制度設計をしっかりと行わなければなりません。

世界各国と比べて言葉の壁が大きいといわれる日本ですが、持続的な経済の成長と発展のために成長戦略の一つとして海外人材の活用を行うべきであり、国家戦略特区であり国際空港の地元都市である成田がその拠点となりえるのではないかと模索しているところです。

|

« 成田祇園祭最終日が終わり日常へ | トップページ | 市庁舎爆破予告 許しがたい脅迫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/63903812

この記事へのトラックバック一覧です: 海外人材の活用を拡大すべき:

« 成田祇園祭最終日が終わり日常へ | トップページ | 市庁舎爆破予告 許しがたい脅迫 »