« 一般質問を終えました | トップページ | 保育に係る身としても »

2016年10月 5日 (水)

AED条例 自民党答弁の安定感

今日で県議会は一般質問の日程が終わりました。
本会議では一般質問の後、自民党会派内で検討し今議会に議員提案による発議案として上程された条例案2件についての質疑が行われましたが、そのうちの「千葉県AEDの使用と 心肺蘇生法の実施の促進条例」については、共産党と無所属の議員から質問がありました。
これに対して自民党側から条例制定プロジェクトチーム座長の瀧田議員が答弁に立ちました。

本会議場での議員間質疑を目の当たりにしましたが、これまでプロジェクトプロチームで長期にわたり取り組み積み上げてきた内容が瀧田座長の答弁にしっかりと表現され、安定感があり頼もしさを感じるとともに見習うべき点が多々あると感じたところです。
私自身も現在、児童虐待防止対策に関する条例づくりに副座長としてかかわっていますが、知識を広くまた深くしっかりと整えなければならないとの思いを新たにしたところです。

県議会は明日の休会を挟んで委員会の日程に入りますが、6月議会で就任した商工労働企業常任委員会の実質的な委員会運営に委員長として明後日臨むこととなります。

|

« 一般質問を終えました | トップページ | 保育に係る身としても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/64306480

この記事へのトラックバック一覧です: AED条例 自民党答弁の安定感:

« 一般質問を終えました | トップページ | 保育に係る身としても »