« 常任委員会視察 | トップページ | マラソンの疲れから回復 決算審査に備えます »

2016年10月28日 (金)

苫小牧にて全国最大規模の工業団地を視察

今日は、苫小牧市にある日本最大級の工業団地「苫東」を視察しました。
今から45年前に国家プロジェクトとして重厚長大工業団地を目指し「苫小牧東部大規模工業基地開発基本計画」としてスタートしましたが、その後の経済環境などの変化によって当初の目的の達成を断念し、平成7年に新たに「苫東」としてスタートしたとの事です。
その規模は何と10,000ha、東京の山手線がすっぽりと入る規模の工業団地です。

現在における土地の分譲または賃借は3割という事ですが、既に運営する会社の経営内容は毎年黒字であり、域内を高速道路が走りI.C.が3か所、更に新千歳空港および苫小牧港に近接する利点を生かし今後の企業立地が期待されています。
特に今回は、メガソーラーや大規模植物工場の誘致に成功している事例などにも着目して視察させていただきました。

千葉県としても企業庁から業務を引き継いだ企業土地管理局が保有する土地の活用が大きな課題です。
成田空港と全国的にも有数の千葉港を有し、圏央道や北千葉道路の整備が進められているわが千葉県としても、これまでの既成概念にとらわれない時代を先取りした企業誘致を進め、県の総合的な発展につなげなければなりません。
そのためにも国内外の様々な取り組みや情勢を常に把握することの重要性も認識した視察となりました。

さて、午後の便で成田空港に戻りましたが、来週は決算委員会において平成27年度決算を審査します。
延べ6日間にわたる委員会に委員として臨み、県の施策についてその適否を含めて議論してまいる所存です。

|

« 常任委員会視察 | トップページ | マラソンの疲れから回復 決算審査に備えます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/64411491

この記事へのトラックバック一覧です: 苫小牧にて全国最大規模の工業団地を視察:

« 常任委員会視察 | トップページ | マラソンの疲れから回復 決算審査に備えます »