« AED条例 自民党答弁の安定感 | トップページ | 北千葉道路の潜在力は高い »

2016年10月 6日 (木)

保育に係る身としても

議会が休会の今日は、日中は成田市内での活動、夕方からは千葉市内において先に行われたイギリス行政視察団の意見交換会に参加という1日でした。

さて、子どもの保育に関する仕事に携わらせていただいていますが、家庭環境が様々であると痛感すると共に、時に深刻な問題を抱えている家庭を知ることもあります。
しかし、事態が表面化するまでにはなかなか気が付かないのが現状で、個人情報の保護という原則が壁となっていることも感じる昨今です。
行政の中でも個人の情報を保護する観点から、必要最小限の決められた情報のみしか伝達せず、事態が起きて初めて家庭の実態がわかるということもあります。

具体的な書き込みはできませんが、今日は改めて保育に係るものとしてその責任の重さと社会が大きく変化している事を感じる1日となりました。
今後も地域だけでなく国家の宝である子どもたちの保育・教育環境の一層の改善に努めなければならないと感じたところです。

|

« AED条例 自民党答弁の安定感 | トップページ | 北千葉道路の潜在力は高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/64310461

この記事へのトラックバック一覧です: 保育に係る身としても:

« AED条例 自民党答弁の安定感 | トップページ | 北千葉道路の潜在力は高い »