« 地元の福引 そして公津の杜駅前ではイルミネーション点灯式 | トップページ | 12月定例議会が閉会 »

2016年12月19日 (月)

成田空港騒音対策地域連絡協議会に出席

県議会は明日の閉会日を前に休会。委員長を務める商工労働企業常任委員会の委員長報告などについて事務局の職員から連絡を受けました。
いよいよ今年も残り少なくなってきましたが、明日、今年最後の本会議に臨みます。

さて今日は、午後から成田市内の騒音地域住民で組織する「成田空港騒音対策地域連絡協議会」の常任理事・監事合同会議が開催され顧問として出席しました。
国、県、NAA、成田市も同席して9月27日の四者協議会で正式に機能強化案が了承されて以来、初めての全体会議でした。

現在空港周辺市町において、空港機能強化案についての説明会が行われていますが、運用時間制限の見直しについて住民から不安の声が強く上がっていることを改めて認識しました。
また、これまで長年にわたり要望が行われている落下物対策がまったく進展していないことについて指摘があり、今後空港の機能強化について議論を進める上では、その対策の方針を示さない限り進展させることは難しいとの認識も示されました。

最後に顧問として私にも意見を述べる場をいただきましたが、現在示されている成田空港の機能強化案が各地域に対して歴史的に見て非常に大きな問題となり地域住民に不安を与えている事実がある中で、成田市及び空港周辺各地域の発展のためにも、この問題を乗り越えていかなければならない、そして次世代に対して責任ある決断もしていなかければならないという認識のもと、国と県、そしてNAAがしっかりと連携して地域住民の声を受け止め、現行法の枠を超えた成田ならではの対策実施の必要性を求めたところです。
今後も騒音地域に住む住民の一人として、各地域の方々の生活を肌で感じる身として、成田空港の歴史的な大きな変革の波に対応していかなければならないとの思いも改めて強く持ったところです。

|

« 地元の福引 そして公津の杜駅前ではイルミネーション点灯式 | トップページ | 12月定例議会が閉会 »

コメント

空港第一滑走路第二滑走路の間に住んでます。飛行機騒音がひどく寝られません・一度視察そして夜11時までこちらで検証していただけませんか。私たち近隣は移転をもとめています。

投稿: pi-suke | 2017年5月 6日 (土) 21時30分

pi-sukeさん、コメントありがとうございました。
お住まいはいわゆる谷間地域だと思いますが、具体的にはどちらでしょうか?
日々航空機騒音にさらされての生活、私自身もA滑走路供用開始から39年、第一種区域内に居住していますのでその思いは共有させていただいているつもりです。
移転を求めるという事ですが、現在議論されている空港機能強化によって新たな対策が示されていくこととなります。
谷間も住民の方々からの強い要望をいただき、現在に一種地域並みの対策に引き上げて実施しているところですが、特に夜間の航空機騒音は特に住民生活に大きな影響を及ぼすことは承知しております。
成田市を取り巻く状況を総合的に考えると、私は、空港の発展を試行していくべきであるとの考えです。
空港周辺においてはそれぞれの地域で騒音の状況も違うことも理解していますので、お名前とご住所をいただければお伺いさせていただく事は可能です。
よろしくお願い致します。

投稿: 小池まさあき | 2017年5月 8日 (月) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/64648798

この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港騒音対策地域連絡協議会に出席:

« 地元の福引 そして公津の杜駅前ではイルミネーション点灯式 | トップページ | 12月定例議会が閉会 »