« カジノ法案について | トップページ | 今年もサンタクロースとして »

2016年12月16日 (金)

Img_1416Img_1427今日は自民党青年局内に組織した「ちば自民党学生部」の研修会を実施し、陸上自衛隊高射学校下志津駐屯地を視察見学しました。
学生部からは4名と少ない参加でしたが、午前中の自衛隊に関する説明、午後からは資料館を見学、そして防空装備についての説明と体験搭乗が行われました。
私自身も下志津駐屯地へは毎年殉職隊員追悼式の際に訪れているところでありますが、その具体的な役割や高射学校についての理解は十分でありませんでした。
そのため学生部員を対象とした研修会ではありましたが、私自身も参加させていただいて非常に勉強になったと感じているところです。
また、学生部の皆さんには、自衛隊への理解と、領土・領海・領空の防衛の必要性について認識して頂けたものと思います。
なお、ちば自民党では学生部員を募集していますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ちば自民党 http://www.chiba-jimin.jp/

さて、今日は日露首脳会談の内容が多く報道されました。
残念ながら期待した北方領土問題についての進展は、ほとんどなかったといわれています。
改めてこの問題の難しさと、そもそも終戦から冷戦期を経て現在に至るまで、ロシア外交そのものの難しさを感じた次第です。
特にアメリカの次期大統領が大方の予想に反した結果となり、世界における外交の潮流に様々な影響を及ぼし変化もみられる中で、トランプ次期大統領の外交政策が見通せない現在においてはアメリカと同盟関係にある日本に対する対応も様子見の段階にあるのではないかとも想像してしまいます。
ただ、安倍総理がこれまで培ってきた外交は着実に成果を上げてきていると評価するところで、プーチン大統領が来日し安倍総理の地元の山口県において首脳会談が行われたという事実は、日露関係の今後へ向けた着実な前進があったとも考えているところです。
難しい外交政策ではあると理解しつつも、引き続き私たち国民も北方領土に関する問題意識をしっかりと持ちながら、返還されるように努力していかなければなりません。

|

« カジノ法案について | トップページ | 今年もサンタクロースとして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/64635508

この記事へのトラックバック一覧です: :

« カジノ法案について | トップページ | 今年もサンタクロースとして »