« 鳥インフルエンザ 適切な対処で本日終息宣言  | トップページ | 情報が入り乱れる北朝鮮情勢 »

2017年4月20日 (木)

騒音地域高齢者クラブの方々との意見交換で

年度が明けて議会の活動に加えて、役員を務める社会福祉法人の業務などに追われている毎日です。
今日も議員として、また社会福祉法人が運営する保育園に関わることなど、時間的に余裕のない一日となりました。
何といっても悩みは保育士不足。
地域の保育要望に応えたい一心で人材を求めていますが、それが叶わない中で心苦しいところです。
7月には新たな保育園の開設を予定していますが、様々な悩みに追われる日々がしばらく続きそうです。

さて、日中には成田市野毛平地区の高齢者クラブ「グレースクラブ」の総会後の懇親会に参加させていただきました。
野毛平地区は、成田空港の騒音直下という事で開港と同時に住み慣れた地区から集団移転し、現在の地区が構成されました。
折しも成田空港の機能強化について議論が進められているため、今日の懇親会の場でもその内容についての意見が多く寄せられましたが、特に空港の発展と共に道路環境が大きく変わり交通量が増えてきた結果、この地域の道路事情が常に危険にさらされていることなど、その改善について強いご意見もいただきました。
私自身も騒音地区に居住する中で、政治的視点からは何とか成田空港の更なる発展を成し遂げたいと望んでいるところですが、一方で空港の開港からこれまでを振り返ると生活環境の改善が思うように進まなかったという現実も感じています。
その現実を肌身で感じるからこそ今回の成田空港の更なる機能強化の実現のためには、地域の声をしっかりと受け止め、地域の発展が確実に進められる実効力のある仕組みが求められていると感じています。
午後からは空港を担当する行政関係者との意見交換の場もあり、様々な視点から私なりの考え方も述べさせていただきましたが、改めて成田空港にとってこの平成29年度が大きな意味を持つこととなると認識したところです。
成田市、そして千葉県の発展のため、成田空港の機能強化を実現するべく住民の皆様の声を大事にしていきたいと考えています。

|

« 鳥インフルエンザ 適切な対処で本日終息宣言  | トップページ | 情報が入り乱れる北朝鮮情勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/65175617

この記事へのトラックバック一覧です: 騒音地域高齢者クラブの方々との意見交換で:

« 鳥インフルエンザ 適切な対処で本日終息宣言  | トップページ | 情報が入り乱れる北朝鮮情勢 »